サッカー得点王は、実はシュートの決定率が意外と低い!

サッカーというスポーツには、様々な見どころがあります。

その中でも最大の見どころは、やはり

ゴールシーン

でしょう。

海外サッカーやワールドカップなどの、ゴールシーンばかりを集めたDVDも販売されています。

世界中の点取り屋、すなわちストライカーたちが、己の身体能力・技術・センス・直感を駆使してゴールを奪おうとする様は、我々観る側の闘争本能も刺激します。

 

 

強豪リーグでも、20ゴール超えで得点王になれる!

世界各国からトップクラスのストライカーが集う、

ヨーロッパ五大リーグ
(スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア、フランス)

は、守備の強力さも世界随一です。

各クラブのストライカーたちは、相手のディフェンス網をかいくぐり、ゴールを量産します。

どの国でも、大体

シーズン20ゴール

を超えれば、得点王になれる可能性が見えてきます。

 

メッシとC・ロナウドは、異次元の得点王争い!

しかし、例外も当然あります。

アルゼンチン人で

「世界最高のストライカー」

と評される

リオネル・メッシ、

ポルトガル人でメッシと世界一の座を競い合ってきた

クリスチアーノ・ロナウド(以下C・ロナウド)

は、2009年〜2018年の9年間、同じスペインのリーガ・エスパニョーラで戦いました。

メッシはバルセロナ、C・ロナウドはレアル・マドリーに所属していました。

この二人は毎年、30ゴール〜40ゴール超という異次元のレベルで、得点王を争っていました。

 

スポンサードリンク

 

ストライカーのゴール確率はどれくらい?

ところで、得点ランキング上位で得点王を狙うストライカーたちは、どのくらいの確率でゴールを決めるのでしょうか?

世界トップレベルのプロだから、シュート成功率は50%くらい?

メッシやC・ロナウドだと、60〜70%くらい?

残念ながら、さにあらず。

様々な統計を見てみると、シュート成功率50%、つまりシュートの2本に1本はゴールになるような選手は、

誰一人いません・・・。

メッシやC・ロナウドですら、リーグ戦でのシュート成功率は

せいぜい30%程度です。

一般的には、20%を超えるとかなり確率が高いと言えます。

10本シュートを放っても、2本か3本しかゴールには結び付かないのです。

 

結局、ゴールの数がものを言う!

そして当然のことですが、得点王になるには、得点すなわちゴールの数が他人より多くなくてはなりません。

仮にシュート成功率50%の選手がいても、シュート数が30本だったら、

30 ✕ 0.5 = 15ゴール

しか奪えません。

例えシュート成功率20%でも、シュートを100本打って

100 ✕ 0.2 = 20ゴール

決めた選手の方が、ゴール数で上回ります。

あるWebサイトの記事で、2020年―2021年シーズンの

イングランド・プレミアリーグ

の得点ランキング

が紹介されていました。

このランキングには、上位6選手のゴール数及びシュート数、シュート成功率が掲載されています。

その数字が、なかなか興味深いです。

 

スポンサードリンク

 

得点王と2位のゴールはわずか1点!しかし・・・。

1位、つまり得点王は

イングランド代表のハリー・ケイン(トッテナム・ホットスパー)。

109本シュートを打ち、23ゴールを決めています。

シュート成功率は、21%。

2位は

エジプト代表のモハメド・サラー(リヴァプール)。

90本のシュートで、22ゴール。

ケインとは、わずか1ゴール差です。

シュート成功率は24%と、ケインを上回っています。

ただ、シュート数は19本少ないです。

出場試合数・時間やチャンスの数が異なるので、シュート数に差が出るのはやむを得ません。

しかし、あともう数本シュートを打てていれば、1点くらいは上積みできたかも・・・。

 

ポジションや立場により、シュート数に差も・・・。

続いて3位は、

ポルトガル代表のブルーノ・フェルナンデス(マンチェスター・ユナイテッド)。

84本のシュートで、18ゴールを奪いました。

ユナイテッドのエースですが、ミッドフィールダーの選手です。

フォワードのポジションほど、ゴール近くでシュートを打てなかったのかもしれません。

4位は、

韓国代表のソン・フンミン(トッテナム・ホットスパー)。

53本のシュートで、17ゴール。

シュート成功率は32%と、上の三人よりも大きく上回っています。

ただ、トッテナムの絶対的エースはケインです。

シュート数がケインの半分以下に留まったのも、頷けます。

 

スポンサードリンク

 

シュート成功率が低くとも、ゴール数が同じなら価値は同じ!

同率4位は、

イングランドのパトリック・バンフォード(リーズ・ユナイテッド)。

90本シュートを打ち、17ゴール。

シュート成功率は、19%。

ソン・フンミンとは、シュート成功率でかなり差があります。

しかし、ストライカーの評価基準はあくまでも

「ゴール数」

です。

ゴール数が同じなら、価値は変わりません。

6位は、

イングランドのドミニク・カルバート=ルーウィン(エヴァートン)。

72本のシュートで、16ゴール。

シュート成功率は、22%。

 

シュートをより多く打てば、チャンスも増える!

上記のデータをご覧いただけば明らかですが、欧州トップレベルのリーグの点取り屋も、

シュートの70〜80%は無駄に終わる

のです。

そしてイングランドでは、上位6人の中でシュートを最も多く打ったケインが、得点王に輝いています。

多くトライした選手が、多くのゴールを決める

という、分かりやすい傾向が見て取れます。

 

スポンサードリンク

 

決定力の差は、シュート数で補う!

メッシとC・ロナウドについても、それに似た傾向があります。

ゴール数ではメッシの方が上回ります。

一方、シュート数ではロナウドの方が上回ります。

C・ロナウドは決定力でメッシに劣る分、より多くシュートを打つことで補っています。

日本のJリーグでも、それをはっきりと示す例があります。

1993年(平成5年)のJリーグ元年、アルゼンチン人の

ラモン・ディアス

は、シーズン28ゴールで初代得点王に輝きました。

しかし、シーズン全体で放ったシュートは300本を超えます。

成功率で言えば、9%ちょっとです。

イタリアやフランスで活躍した後、33歳で来日したディアスは、完全にキャリアの晩年を迎えていました。

それでも、他のストライカーたちよりはるかに多くのシュートを打ち続けました。

能力的な衰えを、ゴールへの貪欲さで見事に補ってみせたのでした。

 

最後に・・・。

「とにかく沢山トライしてみる」

「一本でも多くシュートを打つ」

という姿勢が、優れたストライカーたちの共通点です。

この姿勢は、サッカーだけに留まらず、人生にもプラスに働くと思います。

何度失敗しても挫けず、あれこれ根気強く試してみることによって、我々の人生の道も拓けてくるのではないでしょうか。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

こちらも興味がありましたら、是非お読みください。

関連記事

2022年(令和4年)2月下旬、ロシア軍が隣国ウクライナへの侵攻を始めてから、2ヶ月半が経過しました。西側諸国の支援を受けたウクライナ軍の奮戦と、ロシア軍の戦略の稚拙さにより、戦闘は長期化しています。その分ウクライナ国民の被[…]

空になびくウクライナ国旗
関連記事

海外サッカーファンの方なら、「アンドレア・ピルロ」(Andrea Pirlo:1979年5月19日~)の名前をご存知のはずです。現役時代はイタリアのACミランやユヴェントスで活躍。2003年と2007年には、[…]

ボールを競り合うサッカー選手たち
関連記事

近年は、日本人サッカー選手がヨーロッパのクラブでプレーするのは、普通のこととなりました。ヨーロッパを代表する強豪、いわゆる「メガクラブ」で活躍する選手こそ見当たりませんが、スペイン、イングランド、ドイツ、イタリア、フランスの「五大リ[…]

ボールを蹴るサッカー選手
関連記事

近代のプロスポーツ、特に団体競技では、勝利に必要な要素のトップはズバリ「金」です。オブラートに包んで言えば、「資金力」です。野球やサッカーなどでは、優れた選手を多数獲得し、引き留めておける金持[…]

スポーツ中継を観戦する男女
関連記事

2022年(令和4年)11月20日(日)に開幕する「FIFAワールドカップ カタール2022」は、サッカーファンだけでなく、多くの人の関心を集めるイベントです。日本代表は、グループリーグでグループEに入りました。[…]

風になびくドイツ国旗
関連記事

プロスポーツで、同じ競技のクラブチームが、同じ都市に2つ以上存在することは、世界中で普通にあります。野球やサッカーでは、特に顕著です。実力や人気が各チームとも同じくらいだと、一番盛り上がります。しかし、現実はそう甘く[…]

カタルーニャの独立旗
関連記事

「東京2020」(「2021」年7月23日(金)に、いわくつきの開会式がありました・・・)の男子サッカーでは、日本代表がグループリーグ3連勝で見事首位通過を果たしました。3試合全てでゴールを挙げた久保建英(く[…]

ボールを競り合うサッカー選手たち
関連記事

日本では、スポーツをする際に金持ちのスポーツ平民のスポーツという観点はあまりありません。サッカーは日本でもメジャーなスポーツですが、世界的には「平民のためのスポーツ」です。 […]

空から見た味の素スタジアム
関連記事

プロスポーツの世界では、大金が動きます。どの選手も、良い成績を残すべく必死です。しかし、その気持ちが間違った方向に出てしまうこともあります。その最たる例が、いわゆる「ドーピング」(doping)です。[…]

鮮やかな色の薬やカプセル
関連記事

2022年(令和4年)11月に中東のカタールで開催されたFIFAサッカーワールドカップ カタール大会は、南米の雄アルゼンチンの3回目の優勝で幕を閉じました。毎回のように優勝候補に挙げられる、南米のもう一つのサッカー大[…]

サッカーボールを持つブラジル人女性
関連記事

サッカーというスポーツで、誰もが最も注目するのは「ゴールシーン」でしょう。サッカーの歴史には、素晴らしい才能を持ったストライカー、すなわち「点取り屋」が多数登場してきました。その中でも、非常に[…]

ボールを持つFWとGK
関連記事

株式投資をなさっている方、あるいは興味をお持ちの方なら、「テンバガー」という言葉をご存知の方が多いでしょう。英語では「10 bagger」と言うらしいです。 &nbs[…]

大喜びする女性
関連記事

今や世界中で3億人以上が利用しているSNSサービス、Twitter(ツイッター)については、説明の必要もないでしょう。日本語では140文字以内で「ツイート」できる、つまり自分の考えを「つぶやく」ことができます。 […]

携帯電話を操作する男性