「旗竿地」の家は、増改築や陽当たりなどデメリット大!

先日、公示地価が発表されました。

「公示地価」

とは、「路線価」(毎年7月初めに発表)などと並び、日本各地の地価算出の目安となる数字です。

商業地・住宅地とも、地価はコロナ禍の影響が若干緩和され、2年ぶりに上昇しました。

 

スポンサードリンク

 

住宅地の不動産は、値段次第で売却可能!

住宅地の不動産は、一般的に商業地に比べ、流動性が高いです。

つまり、売れやすいということです。

新築・中古とも、よほどの高級住宅街や都市中心部のタワーマンションなどでもなければ、億単位の物件はなかなかありません。

最近の東京23区は、例外のようですが・・・。

現在は、日本中で「空き家問題」が深刻化しており、物件数の点だけで言えば

「供給過剰」

の状態です。

値段の折り合いさえつけば(意外と難しいですが・・・)、売却しやすいです。

「欠陥住宅」

「事故物件」

でなければ、何とか買い手は見つかるものです。

 

『形のおかしい』土地は、売却困難!

しかし、土地や建物に瑕疵がなく、因縁めいた話などなくても、売却しにくい不動産のタイプはあります。

その典型が

「形状がおかしい」

土地(及びその上の建物)です。

一般的には土地の区画は、大体長方形または正方形です。

ただ中には、台形や三角形など、非常に使い勝手の悪い形の土地が存在します。

「どういう経緯で、こんな形の区画になったのか?」

と首をかしげてしまう土地に、不動産関連のお仕事をなさっている方なら、時折出会うはずです。

 

スポンサードリンク

 

『旗竿地』は、売却に苦労する!

そうした土地の典型例が

「旗竿地」

です。

前面道路から奥まった場所に土地があり、道路と行き来するための細い道路が延びているという形です。

メインの土地を「旗」、通路を「竿」に例えています。

「道路から奥まってるんで、静かそうでいいよな。」

そうお思いの方がいらっしゃるかも。

しかし、この「旗竿地」は、売却にかなり苦労します。

 

通路が狭いと、建築などに支障が。車も入れられず・・・。

まず、土地の上の建物を増改築したり、古い建物を解体して新築する際、大変手間がかかります。

車輌や重機類が、通路を通って行かなければなりません。

通路の幅が狭い場合、出入りできないことも。

その家の住人も、自家用車を敷地内に入れられず、家から離れた所に駐車場を借りる羽目になることもあります。

 

スポンサードリンク

 

玄関や庭のすぐに前に、他人の家が・・・。

次に、通路部分(「竿」の部分)の横は、他人の土地や建物です。

陽当たりに関して、影響を受ける可能性もあります。

そして、自分の家の玄関前や庭に立つと、他人の家が道路を隔てず目の前にあります。

何となく息苦しい感じになります。

 

防犯上も問題が・・・。

前述のように、前面道路から奥まっていると静かだ、という考え方もあるでしょう。

確かにそれには一理あります。

しかし、奥まっているということは、人目に付きにくいことの裏返しでもあります。

泥棒や強盗が侵入しようとした場合、外からは不審な人間を見つけられません。

防犯上は、危険度が高いと言えます。

 

最後に・・・。

私が有担保債権の回収業務に従事していた頃、一軒だけ「旗竿地」の担保不動産を扱ったことがあります。

複数の不動産業者に、任意売却の買い手を探してもらいましたが、大変難航しました。

結局、不動産競売で何とか売却できました・・・。

もし、これから土地を購入しようとお考えの方がいらっしゃったら、値段が安くてもイレギュラーな形の土地は、絶対に買わないことをお勧めします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。