バブル期の日本企業は、F1チームを持っていた!

自動車レースと聞いて、多くの人が思い浮かべるのは

「F1(フォーミュラ1)」

レースでしょう。

一般の自動車とは大きく異なる、まるで戦闘機のようなフォルムのF1マシン(一人乗り)は、レースファンの憧れです。

数百馬力のエンジンを搭載し、最高時速300km超のモンスターマシンを操るドライバーたちは「F1パイロット」と呼ばれます。

また、F1はドライバーたちだけの戦いではなく、マシン本体(シャシーと呼ばれる)を造るコンストラクター(F1チームのこと)たちや、エンジンを供給する大手自動車メーカーたちの戦いでもあります。

 

スポンサードリンク

 

昭和末期のバブル期に、日本企業がF1に続々参入!

元々F1グランプリは、ヨーロッパで発展したモータースポーツです。

しかし1987年(昭和62年)に、中嶋悟さんがロータス・ホンダからF1にフル参戦したことにより、日本でF1ブームが沸き起こりました。

それに伴い、各F1チームのスポンサーとなる日本企業が多数現れました。

時は1980年代後半、日本全体が

「バブル経済」

の熱狂の真っ只中にいた時代です。

そうした企業の中には、スポンサーになるだけでは飽き足らず、F1チームを買収して(!)オーナーになってしまう所もありました。

今回は、そうした企業及びチームをご紹介します。

①レイトンハウス(1987年(昭和62年)~1991年(平成3年))

不動産会社「丸晶興産」の社長で、オフィスビル・ゴルフ場・ディスコなどの経営から地上げまで、幅広くビジネスを展開していた赤城明氏は、1984年(昭和59年)から日本のレーシングチームのスポンサーになり、レース界と関わるようになりました。

しばらくして、「レイトンハウス」というブランド名でスポンサー活動を始めます。

1986年(昭和61年)には、同じく「レイトンハウス」のブランド名でアパレル業界にも進出しました。

イメージカラーはエメラルドグリーンに近いブルーで、「レイトンブルー」と呼ばれました。

そして1987年(昭和62年)には、イギリスの名門レーシングチーム「マーチ」と提携し、何と最高峰のF1に進出したのです。

1988年(昭和63年)からは、前年からドライバーだったイタリア人イヴァン・カペリとブラジル人マウリシオ・グージェルミンの二人体制となりました。

カペリとグージェルミンについては、ご記憶のF1ファンも多いでしょう。

1989年(平成元年)にチームを完全買収し、翌1990年(平成2年)からチーム名を「レイトンハウス」に変更。

しかし、チームの勢いは長くは続きませんでした。

日本でバブルが崩壊した1991年(平成3年)、丸晶興産と富士銀行(当時)の不正融資事件に絡み、赤城社長が逮捕されました。

会社の経営も急速に悪化し、F1チームの経営から撤退を余儀なくされました。

なお、丸晶興産は1998年(平成10年)に債権者の申立により、破産するという末路を辿りました。

②フットワーク(1989年(平成元年)~1993年(平成5年))

フットワークは、1981年(昭和56年)に複数の運送会社が合併してできた企業を母体とする、宅配便業者でした。

ヤマト運輸や佐川急便のように、日本を全国を赤と白のカラーリングのトラックが走り回っていました。

初代社長の大橋渡氏は、国内のモータースポーツのスポンサーになっていました。

1990年(平成2年)に、フットワークはイギリスの「アロウズ」というF1チームのスポンサーとなりました。

翌1991年(平成3年)にはチームを買収し、チーム名も「フットワーク」に変更。

この年にはポルシェエンジンを搭載しましたが、全く使い物にならず、散々な結果に終わりました。

1990年~1992年に在籍したイタリア人ミケーレ・アルボレート(かつてフェラーリでもドライブ)、1990年~1991年に在籍したイタリア人アレックス・カッフィについても、オールドファンなら覚えているでしょう。

1992年(平成2年)~1993年(平成3年)には、無限ホンダエンジンを搭載。

旧型のホンダエンジンを無限(本田宗一郎さんの息子が設立した会社)がチューンナップしていました。

そして、この2年間は日本人ドライバーの鈴木亜久里さんが在籍しました(2シーズンともノーポイントに終わりましたが・・・)。

しかし、1993年シーズン終了後に、フットワークは経営難のためF1チーム運営から撤退してしまいます。

フットワーク自体も2001年(平成13年)3月に、大阪地裁に民事再生法の適用を申し立て、事実上倒産してしまいました・・・。

大橋社長も2002年(平成14年)6月、証券取引法違反(虚偽有価証券報告書提出)の罪で在宅起訴され、同年10月に懲役2年、執行猶予3年の有罪判決を受けました。

③ラルース(1990年(平成2年)~1991年(平成3年))

1989年(平成元年)シーズン終了後、エスポコミュニケーションズ(不動産業、レンタルビデオ店『GEO』など様々な事業を運営していた)が、フランスの「ラルース」チームの株式を取得。

伊東和夫社長がオーナーに就任しました。

エスポは鈴木亜久里さんの個人スポンサーでもあった関係で、1990年から2年間、亜久里さんはラルースのF1マシンをドライブしました。

1990年シーズンは、亜久里さんとフランス人エリック・ベルナールの二人が複数回入賞し、ポイントを獲得。

同年の日本グランプリでは亜久里さんが3位に入賞し、日本人として初めて表彰台に上がりました。

ところが翌1991年シーズン、チームは打って変わって低迷。

結局シーズン終了後、エスポはバブル崩壊による経営難のため、事実上撤退してしまいました。

④ブラバム(1990年(平成2年)~1992年(平成4年))

ブラバムはイギリスの超名門F1チームでした。

過去数回、チームとしてコンストラクターズ・チャンピオンを獲得。

創立者のジャック・ブラバムやブラジル人ネルソン・ピケといったドライバーズ・チャンピオンも輩出しています。

日本人実業家の中内康児氏が率いるレーシングチームが、ブラバムの運営に当たることとなりました。

1991年(平成3年)にはヤマハエンジンを搭載。

ヤマハがチームを買収する話もあったようですが、実現には至りませんでした。

ここも例に漏れず、バブル崩壊(こればっかり(苦笑))によるオーナー側の資金難で、1992年シーズンを最後にチームは消滅してしまいました・・・。

 

スポンサードリンク

 

最後に・・・。

いかがだったでしょうか?

異常とも言うべきバブル経済の勢いは、今考えても恐ろしいほどです。

いくらお金が有り余っていたとはいえ、日本国内でも超大手とは言えない企業が、F1チームを手に入れることができていたのですから・・・。

まさしく日本そのものが

「ザ・成金」

と化していたのです・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク