山口俊治「総合英文読解ゼミ」は入試・資格試験に最適!

2022年(令和4年)も、あっと言う間に3月を迎えました。

大学受験生にとっては、残るは国公立大学の後期試験くらいでしょう。

今年涙を飲んだ方々の中には、来年に向けて再始動なさる方も多いはずです。

そして、現在高校2年生の方々も、一月後の4月には3年生。

「受験生」

としての一年が始まります。

 

スポンサードリンク

 

『英語』は文系・理系とも必須の重要科目!

文系・理系のどちらへ進もうにも、避けて通ることのできない科目、それが

「英語」

です。

どこの大学・学部でも、英語の占めるウェイトは高いです。

理系で数学や理科の得意な人でも、英語でしくじって不合格となる受験生は、意外と多いものです。

 

社会人にも、最近は英語が必要・・・。

また、学校を出てからも、英語とオサラバできるとは限りません。

仕事の関係で、英語が必要という企業は、かなり多くなっています。

英検やTOEICなどの検定試験を受けさせられる、という話もよく聞きます。

仕事絡みだと、やらずに済ますという訳にもいきません。

 

スポンサードリンク

 

『長文読解』が、ほとんどの人の頭痛の種!

高校生・浪人生、社会人に共通の大きな悩みは、

「英語の長文読解が、苦手なんだよな〜。」

というものでしょう。

大学入試や英検・TOEICなどでは、長文読解がつきものです。

かなり難しい長文を2題、3題と出して来る大学もあり、ほとんど暗号解読の気分で解答している人が多いのでは・・・。

 

この本をお勧めしたい!

そうした皆様に、自信を持ってお勧めしたい本があります。

㈱語学春秋社から発行されている

「高校英語 総合英文読解ゼミ」(以下、「総合英文読解ゼミ」)

です。

著者の山口俊治先生は、

「英文法講義の実況中継」(㈱語学春秋社 刊)

などで有名な、受験英語界の重鎮の一人です。

先生の代表作の一つである

「全解英語構文」

の、2色刷り軽装版として発売されたのが、「総合英文読解ゼミ」です。

それからさらに20年超の間、発行され続けているのが凄いことです。

 

スポンサードリンク

 

英語構文の形式を、詳細に解説!

この本の最大の特長は、大学入試に必要な英語構文の形式が、全て網羅されていることです。

しかも各文形パターンにつき、例文や詳細な解説が、これでもかというくらい載っています。

およそ600ページという、非常に厚い本です。

そして、情報量が途轍もなく多いです。

英語が苦手な方には、最初は大変とっつきにくいかもしれません。

 

苦手な人でも挫折しない、丁寧な説明!

ところが、読み始めてしばらくすると、段々慣れてきます。

説明がとにかく丁寧です。

なので、じっくり読んで行くと、頭の中にジワジワと染み込んで行く感じで、内容が徐々に理解できて来ます。

一見すると、中〜上級者向けの本かと思ってしまいます。

しかし、実は英語の苦手な人でも挫折しないよう、細心の注意が払われています。

もちろん、1 回通読したくらいでは、内容を完全に身につけることなど無理です。

最低でも3回くらいは、繰り返して読んでください。

繰り返すごとに、理解できる範囲が増えていくので、読むスピードも速くなっていきます。

そうなると、身についた分野はやや速めに読み、よく分からない分野はじっくり読み込むという、メリハリも付けられます。

 

スポンサードリンク

 

辞典代わりに使うのもアリ!

「でも、現段階ではちょっと無理かも・・・。」

という方には、辞典代わりに使うことをお勧めします。

英文を読んでいて、分からない文構造があれば、本書で調べてください。

ほぼ100%分かるはずです。

 

社会人の学習にも、必ず役立つ!

「社会人の英検やTOEICなどにも、その本は役に立つのか?」

という疑問をお持ちの方もいらっしゃるでしょう。

「必ず役に立ちます!」

と、自信を持って言えます。

私はこの本を、

通訳ガイド試験(通訳案内士試験)

対策として読みました。

通訳ガイド試験の案内本で紹介されていたので、使ってみることにしました。

4回通読し、その後も折りに触れて辞典代わりに読みました。

 

スポンサードリンク

 

載っていた文形が、過去問にそのまま・・・!

どの年の問題かは忘れてしまいましたが、過去問を解いていた時にできなかった問題が、本書の第143型

‘‘ As ・・・,so 〜.’’ (・・・であるように、そのように〜。)

のパターンそのものでした。

英検やTOEICなどにも、結構長くて難解な文章は出て来ます。

しかし、この本の内容を押さえておけば、心配無用です。

私はこの本を、今でも捨てずに持っています。

 

最後に・・・。

受験生や社会人だけでなく、今年高校に入学なさる方々にも、本書をお勧めしたいです。

書店やネット通販で、普通に購入できます。


 

早いうちに英語を得意科目にできれば、大学入試の受験戦略を有利に進められます。

本書を多くの方々にご活用いただき、目標を達成していただきたいと願うばかりです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

興味がございましたら、こちらもお読みください。

関連記事

高校の授業で使う教科書は、基本的に書店では販売されていません。しかし、物事には必ず例外があります。大手書店の学習参考書売り場で、高校の日本史及び世界史の棚を見てみると、山川出版社の詳説日本史詳説世界史[…]

教師風の女性
関連記事

気が付けば、いつの間にか8月も後半に入っています。昨年2020年(令和2年)初め以来、季節の行事などが軒並み中止になったり、規模を大幅に縮小しています。そのため、季節感がどんどん失われていくように感じます。 […]

机に向かい勉強する女性
関連記事

人間は、忘れやすい生き物です。年齢を重ねれば、記憶力が衰えるのは当然です。しかし、10代〜20代という、最も頭脳が活発なはずの世代でも「暗記」は頭痛の種です。 [adcode][…]

リング式の英単語帳