「マウンテンデュー」VS「セブンアップ」対決の行方は?

皆様は

「マウンテンデュー」(Mountain Dew)

という炭酸飲料をご存知でしょうか?

元々は1940年代にアメリカで開発・販売されましたが、1964年(昭和39年)にペプシコーラでおなじみの

「ペプシコ社」

が販売権を取得。

以後、ペプシコ社のブランドの一つとして、現在も売られています。

日本では1981年(昭和56年)に販売開始されました。

 

スポンサードリンク

 

マウンテンデューを初めて飲んだ感想は・・・。

私がマウンテンデューを初めて飲んだのは、小学6年生か中学1年生の頃、親戚の家でだったと記憶しています。

味は、レモンライム風味と表現すべきでしょうか。

美味しいとは思いましたが、正直

「スプライトと同じような味だな。」

とも思いました。

「スプライト」(Sprite)

と言えば、ペプシコ社の宿敵と言うべき

「コカコーラ社」

ブランドの人気炭酸飲料です。

ペプシコ社関係者の前では、決して口にしてはいけない感想でした・・・。

 

日本では、コカコーラ社のブランド力・販売力に勝てず・・・。

しかし、それ以降マウンテンデューを飲むどころか、目にする機会もほとんどなくなっていきました。

このブログでも以前の記事に書きましたが、日本ではコカコーラ社のブランド力及び販売力が非常に強いのです。

世界規模ではコカコーラ社と互角のペプシコ社も、日本市場では常にコカコーラ社の後塵を拝し続けてきました。

マウンテンデューも、よく似たタイプのスプライトを押しのけて上回ることはできなかったのでしょう。

 

スポンサードリンク

 

F1チームのスポンサーに、『セブンアップ』が!

月日は流れ、1990年代初め。

自動車レースのF1グランプリが日本でも大人気でしたが、

「ジョーダン・グランプリ」

というチームが1991年(平成3年)のF1参戦初年度に、

「セブンアップ」(7Up)

という炭酸飲料をメインスポンサーに迎えました。

車体の色も、セブンアップのイメージカラーであるアイリッシュグリーン(明るめの緑色)でした。

セブンアップが日本で売られていることは知っていましたが、ほとんど店頭や自販機でも見かけない、半ば「幻の飲み物」でした。

F1カーの映像を見て

「そう言えば、セブンアップって飲み物あったよな・・・。」

と思い出しました。

 

よく似た二つの飲み物、両方ともペプシコ社のブランドだった!

セブンアップを所有しているのは、

「ドクターペッパー」

などのブランドを所有する会社です。

 

関連記事

こんにちは。husband(@kumafumoblog)です。皆様は、ドクターペッパー(Dr Pepper)という炭酸飲料をご存知でしょうか?日本では1973年(昭和48年)から販売されており、製造・販売は日本コカコーラです[…]

氷が入ったコーラのグラス

 

しかし、多くの国ではペプシコ社が製造・販売権を与えられています。

当時は飲み物の製造元・販売元などには全く疎く、関心もほぼありませんでした。

しかし今振り返ってみると、マウンテンデューとセブンアップは両方ともペプシコ社のブランド商品です。

それだけなら何ら問題ないのですが、どちらも

「レモンライム風味」

「レモン風味」

の炭酸飲料です。

またイメージカラーも、さほど似てはいませんが、どちらも緑系統の色です。

経営学で有名な用語に、同じ企業の異なる商品同士で顧客を奪い合う

「カニバリズム」(共食い)

がありますが、これに該当するのではないでしょうか。

 

どちらのブランドにも、あの大手メーカーが関わっていた!

1990年代初めの時点で、日本ではどちらのブランドも知名度が正直低く、市場でも浸透していませんでした。

そして、驚くべき事実が判明しました。

マウンテンデューもセブンアップも、1990年代末期から日本の大手飲料メーカー

「サントリー」

が、日本での販売権を獲得していました・・・。

サントリーと言えば、言うまでもなく日本を代表する飲料メーカーの一つです。

しかし清涼・炭酸飲料に関しては、かなりの苦戦を強いられてきました。

そのかなりの部分は、ペプシコ社の商品を日本で販売したことに起因します。

ペプシコーラ、ゲータレードといった世界的ブランドも、日本市場ではライバル商品の牙城を崩せなかったのです。

 

関連記事

こんにちは。husband(@kumafumoblog)です。先日のこのブログで、「味の素のスポーツドリンク『TERRA』を最近思い出した!」という記事を書きました。 [sitecard subtitle=[…]

ボトルの飲み物を飲む子供

 

どちらも、『三ツ矢サイダー』や『スプライト』の陰に・・・。

マウンテンデューもセブンアップも例に漏れず、例えば

「三ツ矢サイダー」

など、同カテゴリーの定番ブランド飲料の陰に隠れ続けてきました。

セブンアップについては、私が初めて飲んだのは21世紀に入ってからでした。

セブンアップは自販機かドリンクバー専用だったらしく、私も自販機で3回くらいしか飲んだことがありません。

セブンアップも個人的には好きな味でしたが、三ツ矢サイダーやスプライトとの違いがあまり感じられませんでした・・・。

 

久しぶりにマウンテンデューを飲んだ!ところでセブンアップは・・・?

2020年(令和2年)の冬、サントリーの自販機で久しぶりにマウンテンデューを見つけ、買って帰り自宅で飲みました。

「マウンテンデューはまだ売ってるんだな。ところで、セブンアップもまだ自販機で売ってるのかな?」

と思ったものです。

ところが最近、インターネットの記事で

「2021年1月末をもって、セブンアップは日本で販売終了していた。」

という事実を知り、驚きました。

今年の初めのことでした・・・。

ファミレスなどのドリンクバーでは引き続き飲めるそうですが、もう自販機で見つけることはできません。

 

最後に・・・。

マウンテンデューとセブンアップの日本市場における対決は、結果としてマウンテンデューに軍配が上がりました。

しかし、世間からは全く注目を浴びない

「アンダーグラウンド」

的な戦いに終始した感があります。

いわゆる

「勝者なき戦い」

と呼んでもいいでしょう・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク