サントリーの黒歴史?サスケってどんな飲み物?

飲み物あれこれ(夫)

今から36年前、1984年(昭和59年)に、サスケ(SaSuKe)という炭酸飲料が発売されたことをご存知でしょうか?

「知ってる!」、「飲んだことある。」という方は、おそらく1970年代後半よりも前に生まれた方でしょう。

サスケは、サントリーフーズより発売されました。
コーラのように黒褐色ですが、リン酸やカフェインは含まれていません。
また、チェリーや柑橘系のフレーバーが売りでした。
250ml缶と、350ml瓶の二種類がありました。

インターネットで、Wikipediaや他のサイトの情報を確認すると、TVコマーシャルの制作陣が非常に豪華であることを知りました。

CMディレクターが川崎徹。当時新進気鋭のディレクターで、後に「天才!たけしの元気が出るTV」にも出演しました。

コピーライターは糸井重里。これ以降も様々な商品のコピーを手がけ、ヒットに導きました。現在も多分野で活躍する大御所です。

アートディレクターは横尾忠則。世界的な知名度を誇る芸術家です。

音楽は坂本龍一。元YMOの一員で、後に映画「ラストエンペラー」の音楽でアカデミー賞を受賞し、「世界のサカモト」となりました。

そして、主演ともいうべき少女忍者を演じるのは、仙道敦子
後に女優として活躍し、現在は俳優の緒方直人の奥さんです。

これほど豪華な面々を集めたからには、CM制作費用も相当な金額だったのではないでしょうか。

CMのキャッチコピーは、

「コーラの前を横切るヤツ。冒険活劇飲料 サスケ」

というものでした。

明らかに、コカコーラを意識しています。

サントリーとしては、巨人コカコーラが支配するコーラ界に、殴り込みをかけようという意気込みだったのでしょう。

約30秒のCM(Youtubeで視聴可能です)の最後のテロップに、

「つづく」

と表示されており、第二弾、第三弾のCMを制作するつもりだったのでしょう。

しかし、CMは続きませんでした・・・。

理由は至って簡単、肝心の商品が売れなかったからです。

チェリーや柑橘系の味が、当時の消費者に受けなかったのです。

今で言う「かなり攻めた商品」だったのですが、鳴り物入りで登場したものの、思いっきりスベッてしまったというわけです。

CMコピーの通り、冒険した商品でしたが、冒険が幕を閉じるのは早く、発売翌年の1985年(昭和60年)で販売終了となりました。

今になって考えると、サントリーの名物会長だった佐治敬三さんの有名な口癖「やってみなはれ。」そのものの、チャレンジ精神にあふれた商品だったと思います。

しかし、おそらく多額の予算を注ぎ込み、大々的に宣伝したにも関わらず、爽やかなくらいに大コケしたわけですから、ビジネスとしては大失敗だったと言わざるを得ません。

サントリー社内では、何人かの関係者が左遷されたのではないかと、個人的には推測しています。

私は、このサスケを一度だけ飲んだことがあります。

中学二年生の頃でした。

家の近所のパン屋さんで、300mlの瓶を買いました。そして、そばのベンチに座って飲み始めました。

微妙な味で、正直「マズい・・・。」と思いました。

しかし、せっかく100円出して買ったのだからと、何とか半分ほど飲みました。

しかし、もう限界でした・・・。

それ以上飲むのを断念し、残りは泣く泣く側溝に流して捨てました。

サスケの味は、現在で言えばチェリーコークや、ドクターペッパーに似た味だと例えられます。

現在の私は、ドクターペッパーが美味しいと公言する少数民族です(笑)。

50歳目前の今、もう一度サスケを飲むことができたなら、

「サスケって、美味しい!」と素直に言えたかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。