ネタバレなし:山岸凉子「海底より」は日本史+心霊?

このブログでは、

「懐かしマンガ」

を多数紹介しています。

中でも、山岸凉子先生の作品を3作紹介してきました。

「汐の声」

関連記事

このブログを御覧の皆様にも、子供の頃に読んだマンガで、未だに記憶の片隅に残って離れない「懐かしマンガ」はいくつかあるのではないでしょうか?私にもそうした作品は色々あるのですが、その中には(1)大人になってから再度読む機会を得[…]

窓ガラスに映る人影

 

「わたしの人形はよい人形」

関連記事

今回は、前回に引き続き山岸涼子先生の作品をご紹介します。タイトルは、「わたしの人形は良い人形」です。「タイトルからして、既に充分怖いよ!」というツッコミを入れたくなります・・・。角川書店(現:[…]

おかっぱ頭の日本人形

 

「白眼子」

関連記事

このブログでは、山岸凉子先生のマンガを二作品紹介してきました。「汐の声」[sitecard subtitle=関連記事 url=https://kumafumo.com/nostalgic target=][…]

ヨガをする男性

です。

 

スポンサードリンク

 

読み切り・短編作には怪奇・心霊物が多い!

山岸先生には、「日出処の天子」のような長期連載のヒット作も多数あります。

しかし、読み切り作品や前後編などの短期連載作品も多いです。

その中には、怪奇・心霊物がかなり含まれています。

今回紹介する

「海底より(おぞこより)」

も、「ひとみ DELUXE」(秋田書店)1983年11月号に掲載されました。

山岸先生は日本や西洋の歴史に精通なさっており、多くの作品の舞台や題材として取り上げられています。

「海底より」も、日本の歴史が題材となっています。

そこに心霊現象が絡んでくるという、ストーリー展開です。

 

山口県の高校生宅に、元芸能人が・・・?

舞台は現代の日本、山口県。

主人公の登(みのる)は、高校3年生の若者です。

ある日学校から帰宅すると、3人の来客がいました。

ほとんど交流のなかった遠い親戚の姉妹と、姉の方の夫。

妹の姿を見て、登は驚きます。

妹の真美は、1年ほど前まで「翼マミ」の芸名で人気のあったアイドル歌手でした。

登もテレビなどで見ていました。

「なぜ翼マミが東京から山口へ?」

実は、真美は病気で視力が著しく低下。

周囲の人や物もボンヤリとしか見えず、いずれは失明する危険がありました。

真美のマネージャーだった姉は、芸能活動ができなくなりお荷物となった真美を、登の家に預けるべく相談に来ていたのでした。

人の良い登の両親は、真美を預かることに同意します。

 

スポンサードリンク

 

神社で聴こえる平家物語、磯の香りのする子供の気配・・・。

登も、元アイドルが自宅に居候することに、少し胸がときめきます。

しかし真美は、世をすねた態度で心を閉ざしています。

出された食事にも文句をつけるワガママぶり。

登は頭にきて一喝するのですが、真美はどこ吹く風。

真美は杖を頼りに、日中も一人で外出。

見知らぬ町中を歩いているうちに、登の家の近くの神宮(神社)に辿り着きます。

そこで、有名な「平家物語」の一節を耳にします。

「最近の神社は、商魂たくましいわね。境内でテープなんか流して・・・。」

真美は苦々しく思うのですが・・・。

別の日には同じ神宮で、小さい子供の気配を感じます。

姿はボンヤリとしか見えないのですが、その子からは磯の香りが漂っていました・・・。

 

海に興味を示し、引き寄せられていく真美。その運命は?

登は、自分勝手に出歩く真美に憤りながらも、真美を探し出しては自宅に連れ帰ります。

しかし、真美が家の近くにある

「壇ノ浦」

の海に異常に興味を示し、引き寄せられていくような感じに、登は言い知れない不安を覚えます。

果たして真美の運命や如何に?

登は真美を救うことができるのか?

 

スポンサードリンク

 

日本史と古典文学が、作品の骨格に!

ネタバレ防止のため、これ以上の説明はしないでおきます。

お気づきの方も多いでしょうが、登の家の近所の「壇ノ浦」は、平家が源氏との戦いに敗れて滅亡した海です。

そして、真美が訪れた神宮のそばには、

「七盛塚」

があります。

ここは、小泉八雲の小説「怪談」の一編

「耳なし芳一」

で、琵琶法師の芳一が平家の亡霊と出会った場所です。

平家の滅亡の歴史、古典文学の名作が、この作品の骨格となっています。

 

ヒロインの境遇と、芳一や平家がリンク!

そして、ヒロイン真美の境遇に、芳一や平家と重なる部分があるのです。

芳一は盲目の琵琶法師でしたが、真美も失明の危機にあります。

芳一は、平家物語の弾き語り(平曲【へいきょく】)の名手でした。

較べるべくもありませんが、真美もアイドル歌手として活動していました。

しかし視力が衰えると、周囲は手の平を返したように離れていきます。

真美も平家と同じく、没落を味わっています。

無理なこじつけのない形で、現代の少女と平家物語、耳なし芳一をリンクさせる辺りは、さすが山岸先生と言いたくなります。

 

最後に・・・。

この「海底より(おぞこより)」は、潮出版社の

「山岸凉子スペシャルセレクションⅢ 神かくし」


 

に収録されています。

興味をお持ちの方は、ぜひ御一読いただきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。