ベテラン社員「マダム」たちの人間観察力は、鋭く恐ろしい!

21世紀、令和の世になっても、日本の企業社会は相も変わらず

「男社会」

です。

男性、特に中年以上の人間は、若手社員を「女の子」、ベテラン社員を「おばちゃん」などと呼んでいます。

そうした旧時代的な会社が、まだまだ非常に多いです。

しかし、昭和の時代から

「企業の業務の重要な部分は、女性社員によって支えられ回ってきた。」

というのが事実だと、個人的には考えています。

 

スポンサードリンク

 

男性上位社会で頑張る「マダム」たちに敬意を!

総務、経理を始めとする組織運営の業務で、

「縁の下の力持ち」

的な活躍をしながらも、男性上位の考えの中では女性社員は

「補助者」

的な扱いしかされて来なかったのが、日本の実態です。

自分で勝手に

「令和日本のジェントルマン(紳士)」

と名乗っている私は、ある程度以上の年齢・キャリアの女性労働者を

「マダム」

と呼ぶことにしています。

決してふざけているわけではなく、敬意を込めています(自分のことをジェントルマンと呼ぶ、イタいオッサンの言葉が信じてもらえる確率は低いですが・・・)。

 

一緒に働いたマダムたちは皆、人間観察力が鋭かった!

私自身、社会人となって以降多くのマダムたちと一緒に働いてきました。

色々とお世話になり、楽しく仕事をさせてもらいました。

仕事をテキパキこなす人も多く、大いに勉強になりました。

定年を迎えた方も多数いらっしゃいますが、素晴らしい第二の人生を過ごされていることを願うばかりです。

そんなマダムたちが共通して備えていた特徴が、一つあります。

それは

「人間観察力の鋭さ」

です。

上司、同僚、先輩、後輩など、あらゆる人をよく観察しています。

もちろん懐かしの人気ドラマ

「家政婦は見た!」

のように、陰からこっそり覗いているわけではありません。

しかし、周囲の人間の言動については、しっかり把握している人が多く、驚いたものです。

 

スポンサードリンク

 

マダムたちの『人物評価』は的確かつ厳しい!

そして、飲み会などでは観察に基づいた、様々な人(特に男性社員)についての

「論評」

が行われることがあります。

拝聴していると、その論評がことごとく的確であるのにも驚きました。

「○×課長って、管理職になる前から自己アピールがすごかったよね。」

「△△君って、人を小馬鹿にしたような話し方するよね。」

などという指摘に

「確かにそうだよな・・・。」

と心の中で頷いたことは数知れません。

男社会においては「出世レース」の枠外にいるマダムたちの方が、主観を交えない

「冷静・冷徹な観察眼」

を持っています。

 

自分も気付かないうちに『本性』を見抜かれている?

観察されている本人が全く意識していない部分から、その人の

「本性」

みたいなものも見抜かれているようで、感心すると同時に恐ろしくも思いました。

それ以来、私は上司の人事考課よりも、マダムたちの

「人物評価」

の方を気にするようになったのでした・・・。

 

最後に・・・。

管理職を務めて定年、再雇用の嘱託社員となった男性が、マダムたち(嘱託より立場は上)に日々こき使われることは、よくある話です。

私の勤めていた職場でも、そうした場面を見聞きしました。

男性社員は老いも若きも、マダムたちには敬意を持って接することを強くお勧めします・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク