「スティーリー・ダン」の音楽は21世紀でもカッコいい!

「スティーリー・ダン」(Steely Dan)

というアメリカのロックバンドは、令和の若い世代には馴染みが薄いでしょう。

一方、昭和に若者だった世代(1950〜1970年代生まれ)には、大ファンだった方が結構多いはずです。

 

スポンサードリンク

 

実質的には二人のユニット!

バンドと言っても、1972年(昭和47年)の結成から5年ほどで、創設メンバーの

ドナルド・フェイゲン(Donald Jay Fagen:1948年〜)

ウォルター・ベッカー(Walter Carl Becker:1950〜2017年)

二人によるユニットとなりました。

二人以外は、必要に応じて外部のミュージシャンを起用していました。

 

大学で出会った二人。チャンスを掴んでバンド結成!

フェイゲンとベッカーは、アメリカ・ニューヨークの大学在学中に知り合い意気投合。

後に作曲家を目指しますが、生活のためバックミュージシャンなどをしていました。

レコード会社のプロデューサー、ゲイリー・カッツに認められてチャンスを掴んだ二人は、拠点をロサンゼルスに移します。

そして、昔からの知り合いのミュージシャンたちと共に、スティーリー・ダンを結成。

1972年にデビュー・アルバム

「キャント・バイ・ア・スリル」(Can‘t Buy A Thrill)

を発表。

このアルバムが、全米ヒットチャートで17位まで上昇。

収録されている

「ドゥー・イット・アゲイン」(Do It Again)

が全米シングルチャート6 位の大ヒットを記録しました。

 

スポンサードリンク

 

ヒット作を連発も、バンド内で問題が・・・。

翌1973年には、セカンド・アルバム

「エクスタシー」(Countdown To Ecstasy)

を発表。

バンドとしては、順調な滑り出しと言えます。

しかし、バンド内では大きな問題が発生していました。

フェイゲンとベッカーは、ミュージシャンにつきものの

「ライブ」

が嫌いだったのです。

ツアーでの移動の過酷さや、生演奏のプレッシャーなどの要因が理由です。

フェイゲンに関しては、あがり症という弱点もありました。

また、バンドメンバーの演奏力が、二人の理想の音楽を表現するには力不足、という事実も表面化してきました。

そのため、外部からミュージシャンを招聘することが続きました。

そのうち、メンバーが一人また一人といなくなります。

1977年に発表された6枚目のアルバム

「彩(エイジャ)」(Aja)

を最後に、フェイゲンとベッカーの二人体制(+スタジオ・ミュージシャン)となりました。

 

80年代初期から、長い活動休止期間に・・・。

その3年後、1980年に7枚目のアルバム

「ガウチョ」(Gaucho)を発表しました。

それ以降、1993年に活動を再開するまで、スティーリー・ダンは10年を超える長い休止期間に入りました。

 

学生時代、FMでフェイゲンを知ったのが始まり!

私がスティーリー・ダンを知ったのは、活動再開の少し前。

大学生の頃でした。

ドナルド・フェイゲンがソロ名義で1982年に発表したアルバム

「ナイトフライ」(The Nightfly)

を買って聴いたのがきっかけです。

1曲目に収録されている

「I.G.Y」

をFMラジオで聴き、興味を抱いてアルバムを買いました。

アルバムの解説で、フェイゲンがベッカーと、スティーリー・ダンで活動していたことを知った次第です。

その後しばらくして、1993年にフェイゲンの2枚目のソロ・アルバム

「カマキリアド」(Kamakiriad)

が発表されました。

MTVなどでミュージックビデオがよく流れ、私は「カマキリアド」も買って聴きました。

このアルバムのプロデューサーが、ウォルター・ベッカーでした。

 

スポンサードリンク

 

アルバム全作品だけでなく、海賊版も入手!

それからスティーリー・ダンの活動も再開され、翌1994年には来日。

大阪・名古屋・東京・福岡で公演を行っています。

私は当時、ライブは観に行きませんでした。

しかし、スティーリー・ダンのアルバムは買いまくりました。

最初に買ったのは、

「リマスタード・ザ・ベスト・オブ・スティーリー・ダン:ゼン・アンド・ナウ」(Then and Now)

でした。

「ディーコン・ブルース」(Deacon Blues)

「リキの電話番号」(Rikki Don’t Lose That Number)

「リーリン・イン・ジ・イヤーズ」(Reelin’ In The Years)

など名曲ばかりでした(ベスト盤なので当然ですが)。

アルバム全作品を購入しました。

加えて、当時大阪なんばのCDショップで、普通に売られていた海賊盤も数枚入手しました。

 

関連記事

現在、大阪市中央区の高島屋難波(なんば)店の真向かい側では、マルイの大阪店が営業しています。そのビルの上層階には、シネコンの「なんばTOHOシネマズ」が入っています。しかし十数年前までは、そこは「南街会館」というビルで、映画[…]

驚いている女性

 

大阪で観たのが、最初で最後のライブ!

20世紀最後の年2000年(平成12年)5月に、スティーリー・ダンが三度目の来日を果たしました。

この時は、

グランキューブ大阪(大阪府立国際会議場)

でのライブを観に行きました。

同年2月に、20年ぶりとなる8枚目のアルバム

「トゥー・アゲインスト・ネイチャー」(Two Against Nature)

を発表しており、それを引っさげてのツアーでした。

私にとっては、最初で最後のスティーリー・ダンのライブでした。

3年後の2003年には、9枚目のアルバム

「エブリシング・マスト・ゴー」(Everything Must Go)

を発表。

結果的には、これが最後のアルバムとなりました。

 

最後に・・・。

2017年に、ウォルター・ベッカーが食道癌のため、67歳で死去。

1970年代末に麻薬にハマっていたのも、健康を損ねた一因ではと思います。

残念でなりません。

ドナルド・フェイゲンは、2006年と2012年にソロ・アルバムを発表。

一方で、スティーリー・ダンとしての活動も継続中です。

2021年11月現在、御年73歳。

ベッカーの分まで、まだまだ頑張ってもらいたいものです。

今の若い世代の方々にも、スティーリー・ダンの音楽は

「カッコいい!」

と感じてもらえるはずです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ご興味がございましたら、こちらもお読みください。

関連記事

「菩薩」という言葉自体、大抵の方はご存知でしょう。仏教に関する言葉だということも、ご存知のことと思います。しかし、いざ説明するとなると、大変難しいです。 [adcode] […]

文殊菩薩像