オール巨人最強伝説:空手の達人を一発KO!?

その他(夫)

オール巨人さんと言えば、若い世代には「M-1グランプリ」の審査員として有名かもしれません。

伝説の天才コメディアン、故・岡八郎さんに弟子入りし、その後オール阪神さんと漫才コンビ「オール阪神・巨人」を結成。漫才の分野で数々の大きな賞を獲得し、舞台・テレビなどで大活躍。相方の阪神さんと共に、上方漫才界の大御所とも言うべき存在です。

巨人さんは、礼儀を重んじるスーパーアスリート!

巨人さんは礼儀作法に厳しく、気の抜けた仕事をする若手には、厳しく叱責するそうです。また、先輩や目上の人に対しても、間違った言動に対しては物申すタイプだそうです。

また、身体能力・運動神経の高さでも知られ、吉本興業の運動会などでも、驚くべきアスリートぶりを疲労してきました。

関西の長寿番組『モーレツ!しごき教室』にも出演。

1970年代の初めから1984年(昭和59年)頃まで、大阪の毎日放送(MBS)で、「モーレツ!しごき教室」というテレビ番組を放送していましたが、巨人さんは阪神さんと一緒に、しばらくレギュラー出演なさっていました。

司会は西川きよしさんと故・横山やすしさんで、吉本の劇場で公開収録する番組でした。

若手芸人が数人出演し、スポーツや格闘技などに挑戦します。運動の苦手な人は、身体を張って笑いを取りに行くという感じでした。

若き日の明石家さんまさんも、一時期出演なさっていました。

昔聞いた、巨人さんの最強伝説とは?

この番組にまつわる伝説を、20年くらい前にテレビかラジオの番組で聞いたことを、今でも覚えています。

ある回で、若手芸人たちが空手に挑戦することになりました。

舞台には、空手の師範と、アシスタント役の師範代が登場しました。

空手家の鍛え抜かれた肉体を見せるため、師範代は上半身裸になりました。

筋肉ムキムキで、腹筋も見事に割れていました。

師範代は、メンバーたちに自分の腹を殴ってみるように言いました。

3人ほどが殴ってみましたが、師範代はビクともせず涼しい顔です。

そして巨人さんの番になりました。

巨人さんが師範代の腹めがけてパンチを打ち込んだ、その直後・・・

師範代は膝から崩れ落ち、舞台の床に倒れ込んでしまったそうです。

苦しみ悶える師範代は、そのまま舞台の袖に運ばれて行き、番組収録は一時ストップしたそうです。

巨人さんのパンチの破壊力、恐るべし・・・。

最後に・・・。

残念ながら、私はその回をテレビで観た記憶はありません。

ある意味都市伝説のような話ですが、巨人さんの身体能力なら、有り得る話です。

もし巨人さんにお会いできる機会があれば、この件について質問してみたいです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

その他(夫)
ブログの更新情報を随時配信しています!
在宅ワーカーとその夫のあれこれブログ