往年の大スター、アラン・ドロンが「営業」をやっていた!

若い世代の方々にはなじみがないかもしれませんが、

アラン・ドロン(Alain Delon:1935年~)

と言えば、1960~1970年代を代表するフランスの映画スターです。

「太陽がいっぱい」

「若者のすべて」

「さらば友よ」

など数々のヒット作で、フランスだけでなく世界的なスーパースターとなりました。

2021年(令和3年)6月現在もご存命です。

現在60歳~80歳台の日本のマダムたちにも、アラン・ドロンに夢中になられた方々が多数いらっしゃるはずです。

 

スポンサードリンク

 

世界的スターと『営業』に何の関係が?

そんなアラン・ドロンが昔、いわゆる

「営業」

をやっていたことをご記憶の方は、どれくらいいらっしゃるでしょうか?

「営業」という言葉は、テレビでよくお笑いの世界のタレントさんが使います。

デパートやスーパー、学園祭などのイベントの仕事を指します。

中途半端にテレビに出るよりも、「営業」で全国を飛び回った方が、収入ははるかに良いと言われます。

もちろんアラン・ドロンはコメディアンではなく、超王道の二枚目俳優でした。

そんな人物と「営業」が、どうつながるのでしょうか?

 

1980年代半ば、新聞に出ていた旅行の広告とは?

新聞には色々な広告が掲載されていますが、旅行のツアー募集の広告も多いです。

コロナ禍以前は、国内・海外のツアー旅行の広告が新聞各紙に躍っていました。

1980年代半ば頃から、新聞で時々次のような広告を見かけるようになりました。

「アラン・ドロンと行く パリ・セーヌ川遊覧ツアー」

のようなタイトルでした。

説明を読んでみると、ツアーの内容はフランス、特に首都パリの観光で、世界的な名所を見て回るベタなものでした。

その中の一日に、遊覧船を貸切でチャーターし、パリ市内を流れるセーヌ川を船で進みながら、パリの美しい景色を眺めるという行程がありました。

その遊覧船にアラン・ドロンが乗ってきて、ツアー客と遊覧を楽しむという仕掛けです。

 

スポンサードリンク

 

遊覧船だけでなく、夕食会場にも登場!

道中ではサインをしてもらったり、一緒に写真に収まってくれるというサービスもあったようです。

遊覧が終わると、アラン・ドロンは一旦お役御免となり、ツアー客は次の場所へ移動します。

夜になると、宿泊先のホテルだったか高級レストランでの夕食となります。

そこへ再びアラン・ドロンが登場します。

各テーブルを回って、ワインを飲みながら談笑したり、サインや写真撮影に応じてくれたそうです。

これを日本語で表現するなら、間違いなく

「営業」

です。

 

1980年代のジャパンマネーにスーパースターも転んだ?

1980年代には、さすがのドロンも年齢を重ね、世界的なヒット映画は出なくなりました。

しかし世界的な知名度は健在で、日本での人気も衰えてはいませんでした。

ツアー参加客の大半は、そこそこお金持ちのマダムたちだったそうです。

1980年代後半は、日本がバブル景気に沸いた

「狂乱の時代」

でした。

当然ながら、ドロンの「ギャラ」も相当な金額だったと推測されます。

ジャパンマネーの一部は、ドロンの所へも届いたようです。

昼は遊覧船で優雅にクルーズ、夜は高級レストランに顔を出してワインをたしなむ。

客は皆自分のファンで、わざわざ日本からやって来たとくれば、アラン・ドロンも上機嫌だったに違いないでしょう。

それでかなりのギャラまでもらえるとなれば、まさしく

「オイシイ営業」

と言う他ありません。

 

その後日本でも、芸能人によるファンとのクルーズが!

インターネットで色々検索してみると、どうやら1990年代初め頃まで、こうしたツアーは行われていたようです。

大手旅行会社の添乗員をなさっていた女性のブログにも、当時の様子が書かれていました。

日本でも、1990年代後半~末期頃までは、アイドルや女優がファンクラブの会員たちと一緒に、クルーズ船で東京や横浜辺りを遊覧するイベントがありました。

時々、テレビの芸能ニュースで紹介されていたものです。

その先駆けがアラン・ドロンだったのでしょうか?

 

最後に・・・。

残念ながらドロンは2017年に芸能界引退を表明し、現在は公の場にも姿を見せていないようです。

コロナ禍が収束した後、再び

「アラン・ドロンに会いに行こう!」

のようなツアーを企画すれば、富裕層シニアのマダムたちが、大挙してパリに押し寄せるかもしれません・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク