「岩波ジュニア新書」は内容が濃く、大人にもおすすめ!

「岩波書店」

と聞いて、皆様はどんなイメージを抱かれるでしょうか?

「老舗出版社」

「文庫本」

「難しい」

「内容が堅苦しい」

・・・などが挙げられそうです。

1913年(大正2年)創業で100年を超える歴史を誇り、学術書や文芸書に特化しています。

「10時間で分かる日本経済」

的な安直ハウツー本は間違っても出版しない、

「ガチ」

な姿勢の出版社です。

 

スポンサードリンク

 

文字数や脚注が多く、中身が濃いのが特徴!

最も有名なのは

「岩波文庫」

でしょう。

国内外の文学、歴史、哲学、ノンフィクションなど、ジャンルは多岐に渡ります。

「1ページ当たりの文字数が非常に多い」

「巻末の脚注が異常なまでに詳細」

といった特徴も知られています。

また、ページ数が少なく薄手の

「岩波ブックレット」

も、分量の少なさに反比例する中身の濃さが、岩波らしさと言えます。

「新書」にはどこの出版社も力を入れていますが、岩波にも

「岩波新書」(赤色の表紙で有名)

シリーズがあります。

読書好きの方なら、一冊くらいはお読みになられたことがあるかと思います。

 

中高生向けの『岩波ジュニア新書』がある!

この「岩波新書」の姉妹シリーズとして、

「岩波ジュニア新書」

シリーズがあることをご存知でしょうか?

大きな書店なら、「岩波新書」の棚の横に「岩波ジュニア新書」の棚もあるはずです。

「ジュニア」と冠している通り、中学生~高校生辺りを購読者層と想定しているようです。

表紙は明るめの色使いで、イラストが描かれています。

 

スポンサードリンク

 

『ジュニア』と題されていても、内容は大人向けと同レベル!

しかし、そうした外見だけで

「子供向けの入門書みたいなものだろ?」

と安易に決め付けては大間違いです。

内容の方は、中高生向けに

「薄めた」

部分がほぼ皆無です。

「ジュニア世代と言っても、これくらいは理解できるでしょ?ウチの本は、売れるようにレベルを落としたりしませんよ。」

とは、もちろん本のどこにも書かれていません。

しかし、そう宣言しているに等しいレベルの作品が勢揃いしています。

 

著名ジャーナリストも、内容を薄めていない!

一例として、

「ルポ 貧困大国アメリカ」(岩波新書)

などで著名なジャーナリストの

堤未果さん

が岩波ジュニア新書から発表なさった

「社会の真実の見つけかた」

を挙げたいと思います。

漢字や語彙の選び方に、10代の読者への配慮らしきものが見られますが、内容自体は大人向けと変わりません。

堤さんが岩波や他の出版社から発表なさった作品と、基本的に同じスタンスです。

「ハードルを下げた」

感じは全くありません。

むしろ、社会問題に疎い大人が読むと、難しいと感じるかもしれません。

 

有名数学者の本も、ジュニアだけでなく大人にも役立つ内容!

また、ハンガリー出身の数学者で12ヶ国語を操り、大道芸人としても活動なさっている

ピーター・フランクルさん

も岩波ジュニア新書から本を発表なさっています。

私は

「ピーター流らくらく学習術」

「ピーター流外国語習得術」

の二冊を読みました。

両書とも「学習法」、「外国語習得法」がテーマであり、中高生にも当然深い関わりがあります。

しかし、大学生や社会人になってもこれらのテーマはついて回り、書店でも大人向けのハウツー本は多数売られています。

上記の二冊は、大人が読んでも十分参考になります。

著者のピーターさんも堤さんと同じで、「ジュニア向け」としてお書きになってはいないはずです。

「子供相手だから・・・。」

などと、手加減や手抜きは全くありません。

やはり、「ガチ」の出版社と「ガチ」の書き手が組むと、必然的に「ガチ」の本が生まれるのです。

 

最後に・・・。

近年は

「出版不況」

が叫ばれて久しいです。

出版業界も電子書籍やネット通販など、あの手この手で奮闘しています。

しかし、

「本を読まない人」

の増加の前には劣勢を強いられています。

そうした流れの中で、出版社も

「良い本」

よりも

「売れる本」

を出版しようとする方向へと傾いてしまっています。

その結果、書籍の内容が劣化し、本離れを加速させるという皮肉な現象も起き始めています。

そんな中、

「ウチは『良い本』にこだわります!」

と言わんばかりにブレない姿勢を貫く岩波書店には、敬意を表します。

そして、岩波ジュニア新書もこのまま

「カルピスの原液」

のような濃度の内容の本を、末永く発行し続けて欲しいものです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク