大阪にあった「ナンバブックセンター」の思い出を語ろう!

コロナ禍の影響をモロに受けている業種と言えば、飲食業界が真っ先に思い浮かびます。

そして、ショッピングモールや映画館などの大規模施設も、休業や時短営業といった措置を余儀なくされています。

大型書店もそうした対象に含まれていると知った時は、驚きました。

ジュンク堂書店などの大手書店グループも、閉店時間を1~2時間早めるなどの対策を行っています。

 

スポンサードリンク

 

本屋をブラつき本を買うのが楽しみだったが・・・。

コロナ禍以前は、時々最寄りのジュンク堂へ行き、店内を1~2時間ブラつきました。

そして、面白そうな本を数冊買って帰るのが、私の楽しみの一つでした。

しかし、ここ一年近く書店巡りをしていません。

本はほぼ100%、Amazonで買うのがパターンとなっています。

どんな方法で買おうが同じと言えば同じですが、やはり書店で買うのには独特の楽しさがあります。

 

大阪に『ナンバブックセンター』があった!

昔、大阪市中央区の「なんば」エリアに

「ナンバブックセンター」

という書店がありました。

「あった。」という過去形でお分かりの通り、現在はもう存在しません。

閉店してもう20年ちょっと経つはずです。

ジュンク堂や紀伊國屋書店のような大手チェーンではありませんでした。

商店街アーケード内、とあるビルのほぼ丸ごと(地下1階はお好み焼き屋さんが入居していました)で営業していました。

 

スポンサードリンク

 

雑誌やマンガの品揃えがマニアック!

私がこの書店の存在を知ったのは、およそ30年ほど前。

1階の入口を入るとすぐ、各種雑誌が置かれていましたが、品揃えが結構マニアックでした。

一般の書店で売られている人気雑誌ももちろんありましたが、SF系のマイナーと言っていい雑誌や、プラモデル・モデルガンなどの専門誌も多数目につきました。

1階の奥には、新書・文庫本などが並んでいました。

奥の突き当たりは階段になっていました。

しかし、1階の入口から少し行ったレジのそばに、2階への昇り専用エスカレーターがありました。

エスカレーターは2階までで、3階より上へは階段で行くしかないという、不思議な設計になっていました・・・。

2階は、コミックや特撮・アニメ本のフロアーでした。

1990年代後半頃まで、秋田書店の「サンデーコミックス」や朝日ソノラマの「サンコミックス」など、渋いラインナップも揃えていました。

当時のマンガオタクにとっては

「100点満点!」

と言いたくなる感じで、客層もマンガに一家言持っていそうな人が多かったです。

私自身も、他の客からそのように思われていたかもしれませんが・・・。

 

最上階が学参・外国語本のフロアー。品揃えが豊富だった!

3階と4階に関しては、何のジャンルのフロアーだったか、はっきり思い出せません。

両フロアーにはあまり行った記憶がないので、印象が薄いのだと思います。

確か5階が売場としては最上階だったはずですが、このフロアーでは学習参考書や外国語関連の本、洋書などが売られていました。

洋書の

「Penguin Books」(ペンギンブックス)

シリーズの品揃えが、大手書店に劣らないほど豊富だったのは、はっきり覚えています。

ここで洋書を2~3冊買ったのですが、今でも実家の本棚に残っています。

 

スポンサードリンク

 

学生時代、社会人になってからも通い続けたが・・・。

大学入学前から通い始め、学生時代の4年間は事あるごとに通いました。

社会人になってからも通勤にはなんば駅を使っていたので、仕事帰りによく立ち寄っていました。

閉店時間が午後10時だったので、仕事で多少遅くなってもゆっくり本を見て回れます。

それが本好きにとってはうれしかったのです。

しかし、1990年代末だか2000年初め頃だったかに、突然ナンバブックセンターの閉鎖が決定してしまいました・・・。

はっきりした理由は、我々客には知る由もありませんでした。

しかし、非常に残念な気持ちになったのは、私だけではないはずです。

 

近くにジュンク堂が開店したのが大きな理由?

推測に過ぎませんが、閉鎖の2~3年前に同じくなんばの千日前エリアに、ジュンク堂書店なんば店がオープンしたことも一因ではないでしょうか。

ジュンク堂は、ナンバブックセンターより若干私鉄や地下鉄の駅から離れており、閉店時間も午後9時でした。

なので個人的には、売上にさほど影響するとは思っていませんでした。

ただ実際には、かなり影響があったのかもしれません。

そのジュンク堂書店なんば店も、今から3~4年前に撤退。

現在は「ドンキホーテ」が営業しています・・・。

 

吉本興業のタレントも常連だった!

以前ある雑誌で読んだのですが、ナンバブックセンターと吉本NGK劇場は徒歩で5分ほどの距離なので、吉本興業のタレントさんが結構利用していたとのことでした。

吉本新喜劇の大ベテラン、内場勝則さんも常連だったそうです。

私は一度、当時まだお笑いコンビ「スミス夫人」で活動なさっていた

なだぎ武さん

と店の前ですれ違ったことがあります。

私が店から出た際、なだぎさんが入れ違いに店内に入って行かれました。

二十数年ほど前のことです。

 

最後に・・・。

近年は大手書店でも経営状況が厳しく、大都市圏の大型店舗を閉じてしまう事例は多くなっています。

個人経営の書店だと、なおさら厳しいでしょう。

数年前までは

「本は書店で買うのが一番!」

と考えていた私も、最近は前述の通り書店から足が遠のいています。

もし家から徒歩10分くらいまでの場所に、かつてのナンバブックセンターのような

「キャラの立った」

書店が開店したら、週2~3回は通いたいところです・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク