「forensic」ってどういう意味?試験に出ない英語手帳(第45回)

こんにちは。husband(@kumafumoblog)です。

「forensic」・・・?

「レーシック」なら知ってるけど・・・。

残念ながら視力矯正とは無関係です。

日常生活ではほぼ使うことがない単語です。

あまりボケる余地もないので、さっそく説明に入ります。

 

スポンサードリンク

 

『forensic』は、主に警察・裁判関連の用語!

「forensic」は日本語で

(1)犯罪科学の、法医学の  (2)法廷の  (3)弁論の

を意味します。

発音記号は[fərénsɪk(米国英語)fɜ:ˈensɪk(英国英語)]、あえてカタカナ表記すれば「ファレンスィク」となります。

(1)の意味では

forensic medicine 「法医学」(または forensic pathology)

forensic science 「(警察の)科学捜査」

などが代表例として挙げられます。

ちなみに、forensic の語尾に -s が付いて

「forensics」

となると、「科学捜査」や「(裁判の)証拠収集」という意味になります。

do[conduct, carry out]forensics research(analysis)

は、「法医学的研究(分析)を行う」と日本語訳されます。

 

スポンサードリンク

 

滅多に見かけない用法もある!

(2)の意味で用いられた文章については、個人的にはほとんど見かけたことがありません。

Web辞書では、

forensic problem 「法廷問題」  forensic psychiatry 「司法精神医学」

などの熟語が紹介されています。

(3)の意味で使われている文章は一度も見たことがなく、この意味の存在自体も知りませんでした。

Forensic Club 「スピーチクラブ」 や、forensic abilities 「弁論能力」くらいしか例もありません。

 

最後に・・・。

アメリカやイギリスでは小説や映画・テレビドラマで警察もの、法廷ものは人気のジャンルであり、多数の作品が新しく出てきます。

その中でも、科学捜査班が活躍したり、法医学者が主人公という作品は結構たくさんあります。

今回紹介した「forensic」絡みの語彙を増やしていただくと、そうした作品をより一層楽しめると思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク