「plagiarism」ってどういう意味?どんなイズム?試験に出ない英語手帳(第32回)

「plagiarism」・・・。どういう意味?

何とかイズム・・・「おしゃれイズム」なら、毎週日曜日の夜に観てるけど・・・。

あるいは、プロレスファンにおなじみの「猪木イズム」?

残念ながら、どちらも不正解・・・。

このイズム(-ism)は、絶対に実践してはいけないイズムです。

 

スポンサードリンク

 

 

研究社 新英和中辞典によると、plagiarism[pléɪdʒərìzm(米国)ˈpleɪdʒɜ:ˌɪzʌm(英国)]は

① (不可算名詞)剽窃(ひょうせつ)  ② (可算名詞)剽窃行為[物]

と和訳されます。

「剽窃」とは難解な言葉ですが、平たく言えば「盗作」、「盗用」です。

他人が創造した文章(小説や学術論文など)、絵画、マンガ、イラスト、映像作品や音楽などを、自分のものとして(もちろん著作権者に無断で)発表することであり、もっと簡単に言えば「パクリ」です。

引用やパロディーで使用される場合は、原著作者や作品名が表示され、著作権者の許可を得ているのが普通です。

しかし、両方ともなされないまま世の中に公表されると、「剽窃」、「盗作」、「パクリ」という不穏な話になってきます。

 

 

全く悪びれずに原著作品をほぼ「完コピ」した事例もあれば、かなり巧妙に手を加えて発覚を免れようとした事例もあります。

また、有名な作品を避けてどちらかと言えばマイナーな作品をパクる事例が多いです。

政治家や学者が自分で「書いたはず」の文章が、過去に他人が書いた文章と酷似しており、マスコミを賑わせることが時折あります。

また、音楽の分野でも一部(場合によってはほぼ全部)の歌詞やメロディーが他人の曲(日本では洋楽からが多い)の盗作だと指摘される事例が、結構多く見受けられます。

過去の大ヒット曲の中にも、「元ネタ」の曲が知れ渡っているものがあります。

「これって、カバー曲なの?」

と言いたくなるほど似ているものもあります・・・。

 

 

ちなみに、動詞形「剽窃する」は plagiarize、「剽窃する人」は plagiarizer となります。

インターネットの発達により、昨今では大学でも論文やレポートの内容が

copy and paste 、いわゆる「コピペ」

によるパクリである事例が多いそうです。

大学や教員の側でも「盗用検知ソフト」を使ってチェックしているのは有名な話ですが、いたちごっこは今も続いています。

安直に plagiarism に手を染めると、自分の将来やキャリアを台なしにしかねません。

どれだけ時間がなく締切に追われようとも、自分独自のオリジナルな内容で勝負することが必須です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク