「正社員」イタリア語で何と言う?

21世紀の日本では、

「正社員」

という立場の重要性が、年々増しています。

2022年(令和4年)3月現在、

「派遣社員」

「契約社員」

など非正規雇用の形態で働いている人は、さほど珍しい存在ではありません。

今や日本の就業者の中で、40%近くの割合を占めています。

 

スポンサードリンク

 

『正社員』英語では・・・。

非正規雇用が増加しているのは、日本だけではありません。

アメリカやヨーロッパでも、状況は似ています。

英語では「正社員」を

「full−time worker」

「permanent employee」

などと表現します。

ところで、イタリア語では「正社員」をどう表現するのでしょうか?

 

『正社員』イタリア語でも複数の表現あり!

小学館 伊和中辞典で「正社員」を調べると、

「impiegato(女性はimpiegata)regolare[effettivo/fisso/di ruolo]」

と載っています。

「impiegato(またはimpiegata)」

「(デスクワークの)サラリーマン・OL」

「会社員」

「職員」

という意味を持ちます。

 

スポンサードリンク

 

『regolare』には、動詞と形容詞がある!

「regolare」には、

「統制する、規制する」などの意味を持つ動詞と、

「正規の、規則的な」

という意味を持つ形容詞の2種類があります。

形容詞として用いると、

「正規の職員」すなわち「正社員」

となります。

 

『effettivo』、『fisso』も同様の意味!

次に、「effettivo」

「実際の、具体的な」

「正規の」

という意味の形容詞です。

この場合も

「正規の会社員」=「正社員」

となります。

他の例文としては、

「socio effettivo」(正会員)

があります。

続いて「fisso」は、

「固定された、安定した」

「定められた」

という意味の形容詞です。

小学館 伊和中辞典では

「avere un impiego fisso」(定職を持つ)

という例文が載っています。

この場合も

「安定した職員」

となり、これまた「正社員」です。

 

スポンサードリンク

 

『di ruolo』が最も使われている?

最後に「di ruolo」ですが、

「ruolo」

「人名簿、登録簿」

「(演劇などの)役」

などの意味を持つ名詞です。

「ruolo del personale」は、

「職員[従業員]名簿」

を指します。

「di ruolo」

「名簿に載っている」

という意味です。

「impiegato(またはimpiegata)di ruolo」

「名簿に載っている職員」すなわち「正社員」

となります。

私は単語集では、「di ruolo」しか見たことがありません。

これが、最も用いられている表現ではないでしょうか。

 

最後に・・・。

私が若手社会人だった1990年代後半は、職場で派遣社員のいる部署は、ほとんどありませんでした。

しかし2000年代半ば頃から、大量に派遣社員を採用するようになりました。

皮肉なことに、派遣社員の中には、正社員よりも仕事のできる優秀な方が多いのです・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

ご興味がございましたら、こちらもお読みください。

関連記事

全ての物や事柄が、一通りでしか言い表せないことは、滅多にありません。どんな言語でも、同じ物事に対し、異なる表現がなされる例は無数にあります。今回ご紹介する「estremo difensore」はイタリア語です[…]

首里城の門
関連記事

日本語の慣用句に「取らぬ狸の皮算用」があります。大多数の方々はご存知でしょう。岩波書店 広辞苑によると「(まだ捕まえないうちから、狸の皮の売買を考えることから)不確実な事柄に期待をかけて、それをもとに[…]

狸の顔のアップ