「estremo difensore」どういう意味のイタリア語?

全ての物や事柄が、一通りでしか言い表せないことは、滅多にありません。

どんな言語でも、同じ物事に対し、異なる表現がなされる例は無数にあります。

今回ご紹介する

「estremo difensore」

はイタリア語ですが、ある言葉一語と同じ意味です。

本来は定冠詞が頭に付いて

l’estremo difensore」

となるが、ここでは細かい文法については省略します。

一体、何を表す言葉でしょうか?

 

スポンサードリンク

 

あのスポーツに関係あり?

「difensore」

について、スポーツに詳しい方、特にサッカーの好きな方にはピンと来るかもしれません。

あえてカタカナ表記すれば

「ディフェンソーレ」

となります。

「ディフェンス(英語では『defense』に似てるな。)ひょっとして、『ディフェンダー』のこと?」

とお気付きの方、正解です!

 

いくつか意味があるが、根本は同じ!

小学館 伊和中辞典では、「difensore」

「防御の、弁護する」

という意味の形容詞、そして

(1)防衛者、擁護者

(2)(サッカーなどの)ディフェンダー

(3)[法律用語](訴訟の)弁護人

という意味を持つ名詞

と記載されています。

名詞の(2)がまさしく、サッカーで守備を主な仕事とするディフェンダーです。

 

スポンサードリンク

 

『どんな』ディフェンダーを表す?

では、

「estremo」

はどういう意味でしょうか?

この言葉についても、英語の知識をお持ちの方なら、推理することが可能です。

英語の「extreme」[ekstríːm(米国英語)ɪˈkstri:m(英国英語)]と同じ意味を持ちます。

小学館 伊和中辞典で調べてみると、

「estremo」

(1)(場所、時間について)末端の、最後の

(2)極度の、はなはだしい、非常な

(3)過激な、極端な

という意味の形容詞として用いられます。

今回は、(1)の意味が適切です。

「estremo difensore」= 「最後のディフェンダー」

です。

 

サッカーの『守護神』を表す!

これでお分かりでしょう。

サッカーにおける「最後のディフェンダー」と言えば、

「ゴールキーパー」

です。

この「ゴールキーパー」、イタリア語では一語で

「portiere」(カタカナ表記するなら「ポルティエーレ」)

と表現できます。

「porta」(門、扉)を守る

「門番、管理人」

という意味も持ちます。

 

最後に・・・。

当然ですが、「portiere」と「estremo difensore」のどちらを使っても構いません。

個人的には、「最後のディフェンダー」という言い方の方がカッコいいと思いますが・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。