ネタバレなし:「亡霊学級」はつのだじろうの大転換点!

こんにちは。husband(@kumafumoblog)です。

つのだじろう先生と言えば、心霊・オカルトマンガ界の巨匠として有名です。

代表作のうち

「恐怖新聞」

「うしろの百太郎」

は、1970年代に日本で巻き起こった

「オカルトブーム」

の火付け役と言っても過言ではありません。

その後も心霊・オカルト系の作品を多数執筆なさり、日本マンガ界で不動の地位を築かれた天才です。

但し、つのだ先生は1960年代までは少女マンガやギャグマンガでヒットを飛ばしました。

1970年代初頭には、梶原一騎先生原作の

「空手バカ一代」(連載途中で降板、別のマンガ家に交代)、

1970年代末には将棋マンガ

「5五の龍」

をヒットさせるなど、幅広いジャンルの作品をお描きになられています。

 

スポンサードリンク

 

つのだ先生のキャリアに転機をもたらした『亡霊学級』!

今回ご紹介する

「亡霊学級」

は、つのだ先生のマンガ家人生に大きな転機をもたらした作品です。

それにしても、「亡霊学級」というタイトルからして、いきなり怖さ満開です・・・。

この作品は、全5話しかありません。

1973年(昭和48年)に、一話読み切りの不定期連載という形で

「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)

に掲載されました。

つのだ先生は当時、同誌に「泣くな!十円」という作品を連載していましたが、編集部からオカルトものの短編執筆を依頼されたそうです。

 

全5話のいずれも、夢に出てくるほど怖い!

ネタバレ防止のため、各話の詳しいストーリーは省略します。

第1話「ともだち」、第2話「虫」、第3話「水がしたたる」、第4話「手」、第5話「猫」というラインナップになっています。

どの作品もメチャクチャ怖く、夢に出てくるのでは・・・と思うほどです。

怖さの順位を決めるのは困難です。

ただ個人的には、第2話「虫」と第4話「手」が強烈に怖かったです。

第2話「虫」は、読んだ後トラウマになって心に残りそうな、エグイ話です。

第4話「手」は、学校怪談の古典とも言える「トイレの花子さん」と同系統の話です。

しかし、ほのぼのした要素は一切なく、最後までただひたすら怖い話です。

 

スポンサードリンク

 

読者から大反響!新連載となった作品が・・・。

この「亡霊学級」は、チャンピオンの読者から大きな反響を呼ぶこととなりました。

つのだ先生はチャンピオン編集部から、心霊・オカルト作品の連載を熱心に依頼されました。

先生は、「泣くな!十円」の連載を終了させました。

そして「週刊少年チャンピオン」1973年(昭和48年)37号から連載開始された作品が、

「恐怖新聞」

だったのです。

さらに同1973年末からは、「週刊少年マガジン」(講談社)にて

「うしろの百太郎」

も連載開始となりました。

その後2年間ほどは、両作品を同時に執筆なさっていました。

つのだ先生のパワー及びアイデアの豊富さには、驚く他ありません。

 

最後に・・・。

以降は、つのだ先生の作品は心霊・オカルト系がメインとなっていきます。

そうした方向へのきっかけは、まぎれもなく「亡霊学級」でした。

そういう点では、つのだ先生の「記念碑」的な作品です。

なお、このブログでは、つのだ先生の「メギドの火」という作品(UFO、宇宙人がテーマ)も紹介しています。

ネタバレなしですので、ご興味をお持ちの方はご覧ください。

関連記事

今回ご紹介する作品は、つのだじろう先生の「メギドの火」です。つのだ先生と言えば、「恐怖新聞」や「うしろの百太郎」を始めとする、心霊をテーマとした作品が有名で、マンガ界の巨匠の一人です。今回の「メギドの火」は、UFOや宇宙人が[…]

地球に向かうUFOの群れ

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク