債務者のマンションがオートロックだと、債権者泣かせ!

このブログでは、

「債権回収」

に関する記事を多数書いています。

私の「借金取り」の経験がネタ元になっています。

それらの記事の中で

「現地調査」

にも何度か言及しています。

 

関連記事

以前このブログで、債務者の自宅の現地調査について書きました。遠方の不便な場所が多く、外観からでも生活の困窮ぶりが分かったり・・・と、色々な思いをします。興味をお持ちの方は、こちらの記事もお読みください。 […]

デジタルカメラを持つ女性
関連記事

私は、以前に債権回収の仕事をしていました。平たく言えば、借金取りです。借金取りと言えば、映画・ドラマやマンガに出て来る、コワモテのいかつい男性というイメージを持たれがちですが、一部のサラ金やヤミ金を除けば、普通のサラリーマン[…]

郊外の団地の外観

 

債務者たちの居住実態を見に行くが・・・。

返済が滞り、督促に反応がない債務者などにつき、居住地まで足を運び生活実態を確認するのです。

担保に取っている自宅不動産の現況確認を兼ねる場合もあります。

大抵の場合、債務者たち本人には会えません。

家族がいても、全員留守で反応がないことも多々あります。

その場合、

電気・ガスのメーター類が動いているか

家の前に生活用品(傘、三輪車、自転車など)が置いてあるか

郵便物が届いているか(郵便受けの外から分かる範囲で)

などを確認します。

 

債務者たちの生活が垣間見えることも!

実際に住民票上の住所に居住しているかは、重要な点です。

例えば家の前に三輪車が置いてあり、名前が書かれている場合、名字が同じなら子供の物でしょう。

家族でそこに居住中だと推測できます。

また、郵便受けから溢れ出すほど、督促状の封筒(サラ金、税金関連など)が届いていることも実際にあります。

そうしたことからは、債務者たちが多重債務に陥っている様子が窺えます。

 

スポンサードリンク

 

昔は『オートロック=金持ち』だったが・・・。

昔は、現地調査で賃貸マンション(時には分譲のことも・・・)を訪れても、

「オートロック」

なるものには出くわしませんでした。

オートロックのマンションと言えば、かなりの金持ちが住む物件か、女性専用の賃貸物件くらいしかありませんでした。

金を返せない人間がオートロックのマンションに住んでいるとは、こちらも想像していませんでした。

しかし、2000年代半ば頃からだと思いますが、いざ現地に行ってみると玄関がオートロックということが、少しずつ増えてきました。

 

内部の確認ができず、管理人なども口が固い・・・。

呼出盤で債務者の部屋番号を押しても、反応が返って来ることはほぼ皆無です。

当然中に入ることもできず、上記のような居住実態の確認もできません。

そうなると、債権者としてはお手上げです。

マンションによっては、管理人室と連絡が取れる場合もあります。

ですが、管理人も入居者の居住実態については、何も答えてくれません。

2005年(平成17年)に

「個人情報保護法」

が施行されて以来、マンション・アパートの管理人や管理会社は、口が固くなりました。

 

スポンサードリンク

 

訪れたマンションの玄関が全開!

実は私は一度だけ、債権者の居住地を現地調査で訪れた際に、オートロック付きマンションの中に入れたことがあります。

確か、上記「個人情報保護法」施行の数カ月前でした。

ある私鉄の駅から徒歩5分ほどの、かなり新しそうなマンションでした。

マンションの玄関は完全に開いており、その横にコカコーラの配送車輌が駐車していました。

私はなんの気無しに玄関から内部に入り、エレベーターに乗りました。

そして目的の階で降りると、債務者の部屋へと向かいました。

 

1階へ戻ると、管理人室があった!

インターフォンを鳴らしましたが、反応はありません。

しばらく待って、もう一回鳴らしましたが、やはり反応は返って来ませんでした。

部屋の周りには生活感を感じさせる物が何もなく、電気・ガスのメーターボックス内も、外からはほとんど見えません。

私は諦めて、エレベーターで1階に降りました。

入った時は気付きませんでしたが、1階の玄脇に管理人室がありました。

 

スポンサードリンク

 

管理人らしき男性の口から・・・。

小窓に顔を近付けて、声をかけました。

70歳くらいの男性が応対に出て来ました。

債務者の名前と部屋番号を伝え、居住状況について尋ねました。

しかし、

「居住者の方のことは、一切話せません。」

とのこと。

それについては覚悟していました。

その後すぐ、その男性は

「ところでおたく、どうやって中に入って来た?」

と不審げに聞いてきました。

「玄関が全開でしたよね。そこから普通に入りました。」

と返しました。

すると男性は、

「このマンションはオートロック式なんで、勝手に入って来られたら困る。」

と語気を強めて言いました・・・。

 

自動販売機の商品補充のため、玄関が・・・。

その時初めて、私はそのマンションがオートロック式だと知りました。

「すいません、気付きませんでした。玄関が開きっぱなしだったんで・・・。」

と言うと、男性から

「1階の自動販売機の商品補充作業があるんで、しばらく開けてたんです。」

と説明されました。

結局何の収穫もなく、その場を立ち去りました。

その時は既に、コカコーラの車は去っていました。

 

スポンサードリンク

 

車の影にオートロックの呼出盤が・・・。

車が駐車していた辺りを見ると、壁面にオートロックの呼出盤が埋め込まれていました。

私が玄関前に来た時は、ちょうど配送車が駐車していたため、オートロックの辺りは隠れて見えなかったのです。

私自身も、もしかしてオートロックかもという考えは、頭の中にありませんでした。

玄関も全開だったので、普通に入ってしまったのでした・・・。

 

最後に・・・。

2021年(令和3年)現在、債権者にとっては現地調査が大変やりにくい時代です。

どちらかと言うと安っぽい感じの賃貸マンションでも、オートロック付きの所が多いです。

そして法令上の規制により、もし入れる状態でもそのまま中に入り、債権者たちの部屋まで行くと、ややこしい事になりかねません。

マンションの管理人や管理会社が、後で責任を問われる恐れがあります。

債権者が、損害賠償などのトラブルに巻き込まれるかもしれません。

「債権者受難」の時代と言うべきでしょうか。

私は今まで、オートロック付きのマンションには住んだことがありません。

債務者の住むマンションがオートロック式だと聞くと、ついイラッと来てしまいます・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。