パクリすれすれ?「ビタレモンCドリンク」に遭遇!

「オロナミンC ドリンク」

といえば、日本中のほぼ全員に近い方がご存知でしょう。

大塚製薬から1965年(昭和45年)2月に発売された、炭酸飲料です。

大塚の繁栄に大きく貢献した、メガヒット商品です。

容量120mlのガラス瓶入りで、ちょうど飲み切れるサイズです。

長年にわたり

「全ての清涼飲料の中でトップ」

の年間売上本数を誇っていました。

2022年(令和4年)現在も、スーパーやコンビニ、自販機などで販売されている、ロングラン商品でもあります。

 

スポンサードリンク

 

和歌山をドライブ中、あるスーパーへ・・・。

8月のお盆の時期に、嫁の親戚が住む和歌山県を、日帰りで訪れました。

コロナ感染者数もまだまだ多いということで、観光はできません。

代わりに、車で和歌山の有田市~海南市辺りを、ドライブに連れて行ってもらいました。

車窓からではありましたが、和歌山の豊かな自然や風情ある街並みを目で楽しめました。

途中で、トイレ休憩及びちょっとした買い物のため、和歌山では大手のスーパーに立ち寄りました。

 

安売り商品が積まれている一角に、オロナミンC と・・・。

大抵のスーパーの入口付近には、安売りセールの目玉商品が、目立つように山積みされていることが多いです。

その店でも、入口のすぐ横に飲食料品などの特価品が、ズラリと並んでいました。

その中に、オロナミンC の10本セットが大量に積まれていました。

厚紙のパッケージで包まれている、おなじみのタイプです。

どこのスーパーでも、オロナミンC をよく目玉商品にしています。

ありふれた光景と言えます。

ふとその横を見ると、オロナミンC と同じタイプのパッケージで、黄色をメインとした飲み物も、セール品として並んでいました。

 

スポンサードリンク

 

オロナミンC の別フレーバーかと思ったが・・・。

私は最初、

「ああ、ローヤルゼリーが入ったバージョンか。」

と思いました。

オロナミンC には、ローヤルゼリーやプロポリスなどが入った、別フレーバーの姉妹品

「オロナミンC  ロイヤルポリス」

があります。

ドラッグストアやコンビニで、時々見かけます。

「ロイヤルポリス」の方も、10本セットで売られていると思ったのです。

「どこのスーパーでも、今までこのタイプは見たことなかったな。」

と、よく見るために近付いて行きました。

すると、

「あれ?何か違う・・・。」

と感じました。

 

遠くから見たら間違える!他社のドリンクだった・・・。

パッケージをよく見てみると、「オロナミンC ドリンク」ではなく、

「ビタレモンCドリンク」

と書かれていました・・・。

そして、パッケージの上面には

「株式会社 奥田薬品」

と書かれていました。

兵庫県尼崎市の会社です。

 

 

大塚製薬とは、全く無関係であることが判明しました・・・。

はっきり言って、完全な

「パチモン」

商品です。

本家と同じく、120mlのガラス瓶入り。

キャップをひねって開ける点が、本家と違います。

しかし外見的には、オロナミンC そっくりです。

 

 

遠くから見れば、確実に間違えるレベルです。

 

スポンサードリンク

 

『よくぞここまで似せてきた!』と感心すべき?

それにしても、よくぞここまでパクったものです。

商品名、容器、パッケージ・・・。

そして会社名も、「奥田薬品」。

大塚製薬と、微妙に響きが似ています。

ただ、完全なパクリ・コピー商品とされないよう、主要ポイントはきちんと変えています。

奥田薬品からすれは、

「『ビタレモンC』と『オロナミンC 』は、全く違う名称です!」

「色も、向こうは赤がイメージカラー。こっちは黄色。間違えようがないですよ!」

ということなのでしょうか・・・。

 

買って帰り、飲んでみた!お味の方は・・・?

私は

「今ここで買わないと、二度と巡り会えないかも?」

と考え、1セットを購入しました。

そして家に帰ると、とりあえず2本を冷蔵庫に入れました。

翌日の夜、いよいよ飲んでみることにしました。

いざ飲んでみると、

味は普通に美味しかったです(奥田薬品さん、スイマセン・・・)。

オロナミンC と同じくらいの、炭酸の強さでした。

ただ、パッケージに

「レモン10個分のビタミンC」

と書いてアピールしていた割には、レモンのフレーバーは皆無に近かったです・・・。

もし目隠しをして飲んだら、オロナミンC との区別はつきそうにありません・・・。

 

最後に・・・。

奥田薬品としては、

「そっとしておいてください・・・。」

という気持ちかもしれません。

しかし、ここまでインパクトの強い商品を販売されては、飲み物マニアとして

そっとしておくことは無理です!

そういう次第で、このブログに紹介する運びとなりました。

ちなみに「ビタレモンCドリンク」は、Amazonや楽天などのネット通販サイトでも購入可能です。

値段も、結構お得です。


興味をお持ちの方は、ぜひ一度お飲みください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

もし興味をお持ちの方は、こちらもお読みください。

関連記事

皆様は、サンガリアという飲料メーカーをご存知でしょうか。1951年(昭和26年)に「石山食品工業社」として発足。清涼飲料、乳酸菌飲料などの製造・販売を開始しました(サンガリアWebサイトより)。現在の[…]

冷えた炭酸飲料のグラス