サントリー「オランジーナ」はなぜ420mlと容量少なめ?

サントリーから発売されている

「オランジーナ」(Orangina)

については、ご存知の方や飲んだことのある方が多いでしょう。

2012年(平成24年)に発売開始された炭酸飲料で、最初はオレンジ系の味(オレンジ果汁10%、レモン・グレープフルーツ・ミカン果汁2%、食用果肉2%)のみが発売されました。

CMキャラクターにハリウッドスターのリチャード・ギアが登場し、「男はつらいよ」のパロディー仕立ての展開で人気を博しました。

その後、姉妹商品「レモンジーナ」(レモン系の味)や「オランジーナ カシス&オレンジ」、「ブラッドオレンジーナ」(ブラッドオレンジ果汁を使用)などの別バージョンが発売され、今では完全にサントリー炭酸飲料の看板ブランドに成長しました。

 

スポンサードリンク

 

フランスの国民的清涼飲料が、日本でヒットするか心配したが・・・。

もともと「オランジーナ」はアルジェリアで誕生した飲み物で、その後フランスで発売が始まると大ヒット。

フランスを代表する、国民的清涼飲料となりました。

2009年(平成21年)に製造元「オランジーナ社」を買収したのが、サントリーでした。

サントリーは過去に「ゲータレード」で失敗し、「ペプシコーラ」でも苦戦を強いられていたので、

当時は

「また外国で売れている飲み物を日本で売ろうとしてるけど、大丈夫なのか?」

と、全くの部外者ながら、まるでサントリー社員であるかのように心配したものです。

 

関連記事

こんにちは。husband(@kumafumoblog)です。先日のこのブログで、「味の素のスポーツドリンク『TERRA』を最近思い出した!」という記事を書きました。 [sitecard subtitle=[…]

ボトルの飲み物を飲む子供

 

しかし、「オランジーナ」に関してはしくじることなく、日本市場でも確固たる地位を築くことに成功しました。

私も発売開始後間もなく、コンビニで早速買って飲んでみました。

感想は

「これ、美味しい!これなら日本でも売れそう!」

というものでした。

炭酸は抑え目で(フランスで販売されているものより、炭酸量を少なくしたそうです)、ゴクゴク飲めます。

さすがに果汁量が多いだけあり、オレンジを中心とした柑橘系の味がいい感じです。

オレンジピールの苦味も、ほどよいバランスでした。

フランスを代表する製造飲料という触れ込みにもうなずけます。

 

スポンサードリンク

 

なぜペットボトルは500mlではなく、420mlと中途半端?

ただ、一つだけ疑問があります。

ペットボトル飲料の多くは500mlであり、自販機用商品なら280mlというのも多いです。

ところが「オランジーナ」は、なぜか420mlという中途半端な量なのです。

スーパーで見かける大型ペットボトル版も、1.5Lではなく1.2Lです。

安売り自販機に入っている飲み物には、そうした「少し量が少なめ」の商品が結構多いです。

しかし、サントリーの売れ筋商品がこうした少なめの量というのは、どういうことでしょうか。

果汁を多く入れているため、コストがかなりかかっており、その分が量に反映しているのでしょうか?

 

最後に・・・。

人気商品なので、中小のスーパーでも扱っており、割とお買い得な値段設定になっています。

個人的には、あと20円くらい高くなってもいいので、500mlに増量して欲しいところです。

もしかすると、

「あともう少し飲みたい・・・。」

という飢餓状態に消費者を追い込み、リピート購入させようという、高度な販売戦略なのでしょうか(笑)。

もしそうだとしたら、私はその戦略にまんまとハマってしまったことになります・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク