モノクロTVドラマ版「アンタッチャブル」観てた人!

令和の若者に

「アンタッチャブルって知ってる?」

と尋ねれば、ほぼ100%の確率で

「柴田もザキヤマも面白いよね!」

といった答えが返って来るでしょう。

彼らにとって「アンタッチャブル」と言えば、

2004年(平成16年)のM-1グランプリチャンピオン

に輝いたお笑いコンビしか思い浮かばないはずです。

 

スポンサードリンク

 

40歳代後半以上には、大ヒット映画のイメージ!

一方、昭和40年代以前に生まれた人たちにとっては、「アンタッチャブル」と言えば

ケヴィン・コスナー主演のハリウッド映画(原題:The Untouchables,1987年)

が、最初に思い浮かぶのではないでしょうか。

この作品は日本を含む世界中で大ヒット。

老警官マローンを演じた

ショーン・コネリー(初代007ジェームズ・ボンド役、故人)

が、米国アカデミー賞助演男優賞を獲得したのも有名です。

 

モノクロTVドラマ版が存在した!

しかし、昭和20年代生まれの人たちには、

モノクロTVドラマ版「アンタッチャブル」

の印象が強いという人も多いはずです。

映画版は詳しくご存知の方でも、ドラマ版は知らないし観たこともないという方は、かなり多いでしょう。

アメリカのABCテレビで、1959年(昭和34年)10月〜1963年(昭和38年)5月まで、全116話+パイロット版2話が放送されました。

日本でも、1961年(昭和36年)5月〜1964年(昭和39年)6月まで、NET(現:テレビ朝日)で放送されました。

 

スポンサードリンク

 

禁酒法時代のアメリカで、ギャングと闘う捜査官たち!

物語の舞台は、1920〜1930年代、禁酒法時代のアメリカ・シカゴ。

財務省酒類取締局(後に司法省の管轄に)の特別操作隊

(絶対に買収できないことから、「The Untouchables」=「手出しできない奴ら」とあだ名された)

と、シカゴやニューヨークのギャング組織(親玉は、悪名高いアル・カポネ(Al Capone))との闘いを描いたドラマです。

基本的に一話完結形式の、1時間ドラマでした。

 

テレビ版・映画版とも、主役は大スターに!

主人公は、捜査隊のリーダー

エリオット・ネス(Eliot Ness)。

実在の人物がモデルです。

映画版ではケヴィン・コスナーが演じ、一躍世界的スターへと駆け上りました。

ドラマ版では

ロバート・スタック(Robert Stack:1919〜2003年)

が演じ、代表作となりました。

派手な銃撃戦やカーアクションのシーンも多く、気楽に観られる作品でした。

 

スポンサードリンク

 

昭和の末期、関西で深夜に再放送されていた!

私は現在50歳代で、当然TVドラマ版はリアルタイムでは観ていません。

1980年代後半、確か1987年〜1988年頃だったと思います。

実は関西のMBS(毎日放送)で、毎週木曜日の深夜1時頃から再放送されていたのです。

全話放送していたかは定かではありませんが、結構長い間放送していたように記憶しています。

深夜枠での放送だったので、私は毎週ビデオでタイマー録画し、翌日以降に観ていました。

 

予想を超える完成度の高さに驚き!

私は映画版を先に観ていたので、

「昔のTVドラマって、出来栄えはどんな感じ?」

と、あまり期待せずに観始めました。

ところが、予想を良い意味で大きく裏切る、優れた内容でした。

前述の通り、銃撃戦・カーアクションなども大きな見どころでした。

しかし、各話のストーリーがしっかり練られており、毎回最後まで飽きずに楽しめました。

声の吹き替えも、一流の俳優さんや声優さんが務めていて、豪華だなあと感じたものでした。

エリオット・ネスの声を演じた日下武史さん(俳優としても有名、故人)の渋い声が、今でも印象に残っています。

 

最後に・・・。

ちなみに、関東エリアでは1970年代後半に、東京12チャンネル(現:テレビ東京)で深夜に再放送されていたそうです。

こちらをよくご覧になっていた、オールドファンの方も多いのではないでしょうか。

MBS(毎日放送)には、フィルムが残っているはずです。

久し振りに、深夜3時頃でもいいので、ドラマ版「アンタッチャブル」を再放送して欲しいものです・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

興味がございましたら、こちらもお読みください。

関連記事

皆様は「13日の金曜日」と聞いて何を連想なさるでしょうか?ヨーロッパやアメリカでは「13」という数字は不吉とされており、「13日の金曜日」は良くない事、不幸が起こる危険な日として嫌われています。日本で言う「仏滅」のようなもの[…]

古い柱時計