商店街に出現!違法建築の民泊施設!?

皆様は

「民泊」

という言葉を覚えておいででしょうか?

最近はメディアでも、ほぼ取り上げられなくなりました。

旅行者を宿泊させるのは、本来ホテルや旅館など

「プロの事業者」

の役目です。

しかし外国では、普通の一般人も特定の条件下で、所有不動産に有料で旅行者を宿泊させることができます。

そこで日本でも同様の

「規制改革」

が進められ、2018年(平成30年)6月より「民泊新法」が施行されました。

 

スポンサードリンク

 

トラブル急増、投資家参戦の『民泊バブル』!

それ以降、日本のあちこちの一軒家やマンションが

「民泊施設」

と化しました。

施設の増加に比例するように、宿泊客のマナーや提供者側の管理体制に関するトラブルも急増。

また、民泊用不動産を借金してまで購入する、にわか不動産投資家も多数出現。

一部のメディアでは

「民泊バブル」

を煽っていました。

 

コロナ禍によりバブル崩壊、民泊は壊滅状態・・・。

そんなバブルを一気に弾けさせてしまったのが、2020年(令和2年)からの

「コロナ禍」

すなわち新型コロナウイルスの大流行です。

民泊施設が大いに当てにしていた

「外国人観光客」

が、消滅と言っていいほど、急激に減少しました。

上記のように投資目的で民泊を始めた人々は、たちまちローンの返済に行き詰まりました。

不動産を売却しても多額の残債が残り、破産という転落コースを辿った人も多かったようです。

私が2022年(令和4年)途中まで住んでいた、大阪市の中心部でも、近所の民泊施設は全く稼働している気配がありませんでした。

 

スポンサードリンク

 

早朝のウォーキングで商店街を歩いていると・・・。

コロナ禍が2年目に突入した、2021年(令和3年)のことです。

当時、嫁と私は週何日か、早朝のウォーキングをしていました。

いくつか決まったコースがありましたが、その一つに近所の商店街がありました。

大阪では有名な商店街ですが、早朝6〜7時台は流石に人もほとんどいません。

ブラブラ歩くには適していました。

ある日、いつもなら折り返すはずの地点で

「もう少し先まで行ってみよう。」

ということになりました。

嫁と話しながら歩いていると、前方左側に何だか変わった感じの建物を発見しました。

大阪の商店街なら、変わった建物など珍しくもありません。

しかしその時は、商店街に似つかわしくない、妙な違和感を感じたのです。

建物にどんどん近付いていくにつれ、

「この建物はやっぱり変だ・・・。」

という印象が強くなりました。

 

建物の色も構造もおかしかった!

まず、建物の外壁が薄い青色に塗られています。

両隣の建物からは、浮きまくっています。

かと言って、目立つような派手な看板も掛かっていません。

「ここは一体何の店なのか?」

と思いましたが、建物の前の立て看板を見て全てが理解できました。

そこは、民泊施設だったのです。

普通なら、1階全体が受付になっており、建物内の階段やエレベーターで上階の部屋に上がるといった形です。

ところが、その建物の1階は、半分だけがガラス張りの玄関になっています。

内部は小さい受付スペースになっています。

そして残り半分はというと・・・。

少し奥に引っ込み、2階へと上がる階段が上方へ伸びていました・・・。

 

スポンサードリンク

 

無理に改築した感じで、階段もかなり急・・・。

イメージとしては、建物の1階部分の半分を、奥の方まで削り取った感じです。そこに階段を無理矢理造り、そこから2階に直接入れるようにしていました。

受付で手続きをして鍵などを受け取ると、一旦外に出てその階段から2階へ上がるのです。

構造上やむを得なかったのか、階段はかなりの急角度でした。

スーツケースやキャリーケースを持って上がるには、明らかに苦労するはずです。

3階か4階まであるようでしたが、中にエレベーターがあるとも思えません。

3〜4階の場合、自分の部屋に辿り着くまでが一仕事です。

 

違法建築の疑いあり?安全性にも不安が・・・。

この建物は、最初からこんな構造にはなっていなかったはずです。

普通の店舗用建物だったのが、民泊用に改築するため、何とも歪な形にしてしまったのでしょう。

そこで私の頭に、ある疑問が浮かびました。

「この建物って、もしかして違法建築の建物では?」

上記のように、明らかに不自然な形に改築してしまっています。

建築物には、建築基準法などの様々な法令が適用されます。

民泊施設ならば、

耐震強度

火災などの際の安全性

などは確実に担保されているべきです。

商店街アーケード沿いの建物が密集した地域で、狭小かつ強引に改築された建物に、人が宿泊して大丈夫なのでしょうか・・・?

そんな思いを抱きながら、我々夫婦は先へと歩いて行きました。

 

最後に・・・。

あれから2年近くが経過しました。

外国人の入国制限も大幅緩和され、国内の人の移動(観光、出張など)も活発になってきました。

しかし、一旦完全に火の消えた

「民泊ブーム」

を再燃させるのは、大変困難でしょう。

件のあの建物は、一体どうなっているでしょうか。

その後一度も前を通らなかったので、現状は全く不明です。

今もまだ、繁盛しているかは別として営業を続けているのか?

それとも、建物自体とっくに取り壊され、全く別の店舗がオープンしているのでしょうか・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

こちらも興味がありましたら、是非お読みください。

関連記事

このブログでは、時々「債権回収」「不動産」を題材とした記事を書いています。私が債権回収、すなわち「借金取り」の仕事をしていた頃の経験・知識が基となっています。この「債権回収」と「不動産[…]

ビルの建築工事現場