「高級品が売れている!」報道は一体何を伝えたいのか?

最近、関西ローカルテレビ局のニュース番組と、全国ネットのニュース番組で、立て続けに

「コロナ禍の最中、高級時計や高級車が売れている!」

といった内容の特集を観ました。

 

スポンサードリンク

 

時計が800万円、外車が2,000万円・・・それで?

東京や大阪の百貨店や時計店では、ロレックスやオメガを始めとする外国製高級時計の売れ行きが、大きく伸びているそうです。

紹介されていた中で最高額の商品は、

およそ800万円・・・。

また、東京の高級外車ディーラー(中古車ですが)では、フェラーリやランボルギーニといったスーパーカーが、次々成約しているとのこと。

中古車にもかかわらず、値段は

大体2,000万円台・・・。

不動産ではなく、自動車です。

特集が終わった後の私と、一緒に観ていた嫁の反応は、いずれも

「ふ〜ん。世の中にはお金持ちが結構いるね。それで?」

というものでした。

 

バラエティーの『豪邸訪問』と同じ発想?

バラエティー番組で金持ちの豪邸を訪問し、ガレージに並ぶ高級外車や室内の高級調度品などに、レポーターが驚く・・・といった内容は、今でもよくあります。

同じようなことをニュース番組でやって、視聴者に何を伝えたいのでしょうか?

ニュースを観ている人間の80〜90%(我々夫婦も含む)は、間違いなくそうした高級品には手が届くはずがありません。

人によっては、

「我々貧乏人に対するイヤミか?」

と怒り出すかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

マスコミやスポンサーは、消費拡大を煽りたい?

コロナ以前にも、不景気の最中に

「タワマンやロレックスが売れ行き好調!」

「富裕層が消費を押し上げ?」

のような報道がなされることは、度々ありました。

マスコミやスポンサーの側からすれば、いつまでも物が売れないままでは困るのでしょう。

いかにも

「景気回復の兆しは見えてきてますよ〜。」

的な報道で、視聴者たちの消費心理をかき立てたい本音が見え隠れします。

しかし、それならそれでもっと他の切り口があるだろう?と言いたくなります。

 

提灯報道につられる人間は、そんなにいない?

どう考えても現時点では買えそうにない高級品が

「売れてますよ!」

と言われても、

「じゃあ自分も買おう!」

となるはずもありません。

グレードを落として50万円の時計や、500万円の自動車を買おうとする人も、どれだけいるでしょうか?

この手の報道がなされる段階では、景気の回復にはまだまだ程遠い状態です。

我々平民も、それくらいのことは重々承知しています。

マスコミの提灯記事に騙されるほど愚かではありません(はず・・・)。

 

スポンサードリンク

 

ごく一部の現象を、全体に当てはめられても・・・。

こうした報道とセットのように、ニュースなどでは

「自粛疲れで、人々の消費意欲は高まっている。」

「国民はお金を使う機会がなかったので、強制貯蓄がマグマのように溜まっている。」

などの発言を、エコノミストや解説委員と称する人たちが盛んにしています。

確かにお金に余裕があれば、消費意欲も高まるでしょう。

「強制貯蓄」状態のお金があれば、使いたくもなるでしょう。

しかし、世の中のごく一部だけの局地的現象を、あたかも全体的な現象であるかのように騒ぎ立てられても、個人的には全くそうした実感が湧きません。

 

最後に・・・。

最初に述べた関西のテレビ番組では、取材した記者は東京のディーラーで、フェラーリの運転席に座って上機嫌でした。

スタジオでは、その記者にゲストの芸能人が

「あのフェラーリ、もう買った?」

と冗談で質問していました。

そこで記者は少し真顔になり、

「普段は軽乗用車の(スズキ)ラパンに乗ってます・・・。」

と、聞かれてもいないことを答えていました。

せっかく視聴者に夢を見せようとしていたのに、この発言で特集の目的がブチ壊しになってしまいました・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

興味がございましたら、こちらもお読みください。

関連記事

昔からビジネス雑誌、ファッション雑誌(特に男性向け)でよく特集されるテーマに「一流の人は、これを持っている!」があります。ビジネス界や芸能界、スポーツ界で話題の人物が持っている物、身に着けている(付けている)物が紹介[…]

金色の腕時計