ワンルームには折り畳み式机・椅子が便利でおすすめ!

春は入学・就職の季節です。

引っ越しを予定なさっている、あるいは既に引っ越した方々が多いでしょう。

広い部屋を借りられるのが理想ですが、新しく進学したり働き始めたりという若い方々には、それも難しいところです。

そうした方々の多くは、いわゆる

「ワンルーム」

のアパートやマンションを借りることになります。

賃貸物件で多いのは、6畳程度の部屋(+バス・トイレ、台所)でしょうか。

 

スポンサードリンク

 

生活し始めると、ワンルームはやはり狭い!

私は結婚するまでの約16年間、同じワンルームマンションに住んでいました。

なので、ワンルームの部屋の狭さについては、身に染みて理解しているつもりです。

内覧の際は割と広く感じるのですが、いざ引っ越して生活に必要な家具などを置くと、正味の居住空間はかなり縮小してしまいます。

部屋によっては押入が少し広めだったり、簡易クローゼットが壁面にあったりしますが、生活し始めるとあっという間にスペースが一杯になります。

 

ベッドでも布団でも、それなりのスペースを食う!

テレビを置くと、意外と場所を取ります。

また、ベッドを置くと本当に部屋が狭く感じます。

ベッドではなく布団を床に敷いて寝るにしても、押入に衣服を掛けてクローゼット代わりにしていると(突っ張り棒を使っている人が結構多いです)、寝る前まで部屋の隅に畳んで置いておくことになります。

そうなれば、そのスペースには物を置いているのと同じです。

 

机と椅子も必要だが、かさばる・・・。

そして、肝心な物も忘れるわけにはいきません。

机と椅子です。

学生なら勉強はつきものであり、社会人でも食事をするためには欠かせません。

床に座って勉強や食事をするにしても、ちゃぶ台のようなテーブルは必要です。

これまた結構なスペースが要ります。

日常的に置いておくと、ただでさえ狭い部屋がより狭くなり、圧迫感すら覚えます。

 

スポンサードリンク

 

『折り畳み式』の机・椅子は便利!

そこで、テーブル(食事用)と勉強机を兼用できる

「折り畳み式の机」+「折り畳み式の椅子」

をお勧めします。

板の裏側の両端にフレームが付いており、そこに四本の脚が接続されています。

普段は両端に二本ずつある脚を重ねて折り畳み、板を垂直にして部屋の壁に立てかけておくことができます。

使用する時に板を水平にし、両側の脚をスライドさせてX字形にすると、簡易机の出来上がりです。

椅子もセットになっており、パイプ椅子と同じ仕組みで折り畳めます。

これなら、食事や勉強など以外の間は壁際にもたれさせておけばいいので、部屋の空間が広くなります。

友人などが遊びに来た時も、窮屈な思いをすることはありません。

ホームセンターなどで普通に購入可能で(ネット通販でも販売されているはず)、価格も1万円するかしないか程度です。

また、造りがシンプルなので思ったよりも丈夫です。

私が今も使っている折り畳み式机・椅子のセットは、購入して20年を超えています。

 

最後に・・・。

賃貸ワンルームの部屋は、本当に狭いです。

初めて一人暮らしをなさる方々は、

「実家の部屋の方が広かったよ・・・。」

と思われる可能性が高いと思います。

テレビのトレンディードラマのような雰囲気は、想像しないでください(笑)。

とにかく様々な工夫をして、少しでも部屋の空間を有効に使ってください。

最近流行の

「ミニマリスト」

まではいかなくとも、

「物はできるだけ少なくする方が、一人暮らしを快適にできる。」

というのが、個人的な考えです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク