フロッピーディスク版のPCゲームも買取してもらえる?

2022年(令和4年)現在、いわゆる

「TVゲーム」

のレベルは、1980年代とは比較にならないほど進化しています。

画質や音響は、まるで映画並み。

ゲームの内容・難易度も、私のような

「ファミコン第一世代」

にはついて行けないレベルになっています。

そして、インターネットの普及と共に、パソコン(PC)やスマートフォンで遊べる

「オンラインゲーム」

も、若い人たちには当然のものとなっています。

 

スポンサードリンク

 

ゲームソフトの買取も活発!

嫁と私は、書籍やDVD・CDなどを時々

「買取業者」

に買い取ってもらっています。

嫁にWebサイトで色々調べてもらう中で、ゲームソフトも盛んに買取されているのが分かります。

「BOOK・OFF」

「駿河屋」

などの大手から、個人業者に至るまで様々な所が、プレイステーションや任天堂などのソフト、それに昔のファミコンソフトなども買い取っています。

 

実家の片付けをしていて出て来たのが・・・。

我々夫婦は、ゲームの類を全くしません。

よって、今までゲームソフトを買取に出したことはありませんでした。

ところが、昨年2021年(令和3年)の秋頃でした。

私の実家の部屋を整理していた際、ゲームソフトが2本見つかりました。

私の兄弟が結婚する際、置いて行ったままだったのです。

ケースが結構大きかったので、最初は

「CD−ROMが数枚と、解説書みたいな本が入っているのかな?」

と思いました。

しかし、ケースを開けてみると、出て来たのは数枚の

「フロッピーディスク」

でした・・・。

 

スポンサードリンク

 

『フロッピーディスク(FD)』とは?

1990年代中期以降生まれの方には、

「フロッピーディスク(FD)」

をご存知ない方も多いでしょう。

一辺が8〜9cmほどの、正方形のプラスチック板です。

その中に、円形の磁気ディスクが入っています。

昔のPCには、FDを挿入するスロット(差込口)が付いていました。

FDを挿入して、PCで作成して文書や図表、または画像を保存していました。

しかし、容量は今のCD−RやCD−RWよりはるかに小さかったのです。

2000年代前半には、絶滅しました。

現在のPCで中身を見ようと思えば、外付けのFDスロットを接続する必要があります。

 

買取は無理だと諦め・・・。

見つかったゲームソフトは、

「信長の野望」

「蒼き狼 チンギス・ハン」

の2本でした。

いずれも1990年代半ば頃に発売されていたと思われる、

「ロールプレイング・ゲーム(RPG)」

でした。

「信長の野望」は、後にCD−ROM版も発売され、根強い人気を誇りました。

令和の世の中に、フロッピーディスク・・・。

「ゲームソフトといっても、フロッピーディスク版じゃ買い取ってもらえないだろうな・・・。」

私は売却を諦め、後日ゴミとして出すつもりで、そのまま置いておくことにしました。

 

スポンサードリンク

 

『駿河屋』には、ヴィンテージのプラモ、玩具も!

しばらく後のある日、夫婦で買取大手「駿河屋」の店舗に行きました。

事前にネットで見積もりをしてもらった、DVD・CD約30枚を店舗に持ち込むためです。

その日は持込の先客が数人いたので、現物確認には時間がかかるとのこと。

順番が来たら携帯電話に連絡をくれるとのことだったので、我々は昼食に出かけました。

昼食後に店に戻りましたが、まだまだ待ちそうでした。

そこで我々夫婦は、店舗内をブラブラ見て回ることにしました。

新品の商品(フィギュア・プラモデルなど)も売っていますが、買取したヴィンテージのプラモデル(もちろん組立前)やおもちゃ、フィギュアなどもショーケースの中に並べて売られていました。

 

ファミコンソフトなどと一緒に・・・。

ある一角のショーケースには、懐かしのファミコンソフトや、セガサターンのソフトなどが並んでいました。

それらを眺めているうちに、やけに大きいケースが2〜3個並んでいるのが目に留まりました。

よく見ると、「信長の野望」ともう一つ(題名は忘れました)のRPGソフトでした。

それも、FD版だったのです・・・。

 

最後に・・・。

「FD版のゲームでも、買い取ってもらえるんだ・・・。」

私は驚くと同時に、

「急いでゴミとして捨てなくて良かった・・・。」

とホッとしました。

今年の初め、CDやDVDを買取に出す際、前述のゲームソフト2本も一緒に出しました。

結果はというと、2本合計で数百円。

片方のソフトで、FDか説明書だかに欠品があったらしく、ほぼ1本分の値段となりました。

家の物置・押入に眠っていたような物だと、何かが欠けていることはよくあります。

そうした場合、大幅減額となったり、値段が付かないこともあります。

この記事をご覧の皆様も、ご実家の断捨離などをなさる際、FD版のゲームソフトが出て来たら、すぐに捨てないでください。

もしかしたら、ちょっとしたお小遣いが稼げるかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。