Amazonの偽メールが本物、本物メールが偽物とされる!

このブログでも度々書いてますが、私は典型的な

「IT音痴」

です。

まず、Word、Excel、Powerpointは基本的な機能を何とか使える程度です。

複雑な機能は全く分かりません。

そして、今後小〜中学校で教えられるプログラミングについても、画面で何がどう書かれているのか、全くの無知です。

SNSについても、私個人としてはTwitter、Facebook、Instagramのいずれもアカウントを持っていません。

 

スポンサードリンク

 

詐欺目的の偽メールが毎日届く!

ネット通販は何とか独力で利用でき、Amazonで本やCD・DVD、文房具を主に買っています。

皆様もご存知のように、Amazonからは注文受付メール、商品のお知らせメールなどが届きます。

それらに混じって、

「偽メール」

がやたらと来ます。

Amazonに限らず他のネット通販会社、銀行やカード会社などを装った、詐欺メール(フィッシングメールの類)が毎日届きます。

私のメールアドレスはかなりシンプルなので、偽メールの送り手がコンピューターソフトで自動作成した

「実在するかもしれないメールアドレス」

に該当する可能性が高いのも、理由の一つかもしれません。

 

『Microsoft Outlook』を10年使っているが・・・。

私が普段使っているラップトップPCは、10年を超えています。

メールソフトは、10年間

「Microsoft Outlook」

を使い続けています。

迷惑メールのフィルター機能は付いており、大部分の迷惑メールは自動的に

「迷惑メールボックス」

に振り分けられます。

振り分けられずに通常のメールボックスに来てしまう迷惑メールも、そこそこあります。

それでも、一旦迷惑メールに指定すれば、次回からは弾かれることがほとんどです。

しかし、一つ重大な問題があります。

 

スポンサードリンク

 

Amazonからの本物のメールが・・・?

上記の通り、Amazonから本物のメールが時々届きます。

それらがなぜか、「迷惑メールボックス」に振り分けられてしまうのです。

そして反対に、偽メールが迷惑メールとして振り分けられず、通常のメールボックスに来てしまいます・・・。

偽メールはそもそも、送信元の表示がおかしいのです。

「Amazon」

「Amazon.jp」

「Amazonドットコム」

など、明らかに偽メールと分かるものが大半です。

そうしたメールがフィルタリングされず、逆にAmazonでの注文直後に届く受付メールが、迷惑メールと認識されてしまうのです。

 

他のネットサービスは大丈夫だが・・・。

他のネットサービスに関するメールは、本物ならキチンと届き、偽物なら迷惑メールボックスに振り分けられます。

なぜかAmazonだけ、そうしたおマヌケな現象が起きています。

当然Amazonの落ち度でははく、私のOutlookに問題があるはずです。

 

スポンサードリンク

 

メールソフトの変更も考えたが・・・。

メールソフトには色々な種類があり、ネットでも他のメールソフトが推奨されていることが多いです。

私も今までに何回か

「Outlookから、他のメールソフトに換えようかな・・・。」

と考えたことがありました。

しかし、実際どれを選べばいいのか分かりません。

また、新しいソフトへの設定変更の仕方も分かりません。

そうこうするうちに、10年が過ぎました。

 

最後に・・・。

ブログの更新作業やドメインの管理、プラグインのアップデートなどは、全て嫁にやってもらっています。

現在のところ、私がIT音痴の

「デジタルおバカキャラ」

から脱出できるOutlook(見通し)は、全く立っていません・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。