「defibrillator」ってどういう意味?試験に出ない英語手帳(第98回)

今回ご紹介する

「defibrillator」

という英単語は、最新の英和辞典やWeb辞書では、まず掲載されています。

しかし、古い英和辞典には載っていないこともあります。

一方、古くても英英辞典には載っています。

 

スポンサードリンク

 

多くの人が集まる場所には、大抵置かれている!

実は、我々の身近にここ10年ほどで急速に普及した、

「ある物」

の名称の一部なのです。

普段我々がよく利用する

電車の駅構内

市役所、図書館などの公共施設

大型ショッピングモール

など、不特定多数の人が利用する場所には、大抵置かれています。

 

頭文字「D」を、無意識に目にしている・・・。

「defibrillator」の

頭文字「d」、大文字なら「D」

を、我々は日々無意識のうちに目にしているはずです。

ここで勘の鋭い方なら、

「もしかして、あの言葉の最後に付いている‘‘D’’か?」

と閃かれるかもしれません。

 

スポンサードリンク

 

心臓が止まった人を助ける、アレのこと!

そう、「defibrillator」

「AED」

の‘‘D’’が表している言葉です。

「AED」が何のための物かは、大多数の方がご存知でしょう。

心臓の不整脈などで心停止となり、倒れた人に対し、電気ショックを与えて心臓を刺激する医療機器です。

医師や看護師などの資格がなくとも、扱えます。

全く触ったことがなくても、大丈夫。

AEDを起動させると、音声指示が流れます。

キットの中にも、使用手順が分かりやすく図示されています。

私は10年ほど前、職場の講習会で使い方を教わったことがあります。

 

日本語の訳語は、結構難しい!

「defibrillator」diˈfɪbrɪˌletɝ(米国英語)di:ˈfɪbrɪˌleɪtɜ:(英国英語)]は、日本語で

「除細動器」

と訳されます。

心停止と言っても、心臓が完全に停止しているとは限りません。

心臓から全身に血液を送り出す

「心室」

が細かく震え(「細動」と呼ばれる)、血液を送り出せなくなった状態は、

「心室細動」

という危険な状態です。

そのままだと、脳をはじめとする重要な臓器に血液が行き渡りません。

心臓も、そのうち完全に停止してしまいます。

心室細動を止めて心臓が正常に動くように、

「細動を除く」

機器が「除細動器」です。

 

スポンサードリンク

 

『AED』の正式名称、日本語では?

「AED」の正式名称は、

「Automated External Defibrillator」

日本語では

「自動体外式除細動器」

となります。

ちなみに、オックスフォード現代英英辞典では「defibrillator」を

‘‘ a piece of equipment used to control the movements of the heart muscles by giving the heart a controlled electric shock ’’

と説明しています。

 

最後に・・・。

「defibrillator」の意味など知らなくても、「AED」は正しく操作出来ます。

もし貴方のそばで、心停止で倒れた人を見かけたら、周囲にAEDがないか探してみてください。

見つけたら、迷わず使ってあげてください。

一人の人の生命を救うことができるかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。