「orthopedist」 ってどういう意味?試験に出ない英語手帳(第48回)

「orthopedist」 って何?

読み方すら分からない。

こんな英単語、今まで一度も目にしたことがない・・・。

確かに、日常会話ではまず使わないであろう単語です。

しかしカンの鋭い方なら、語尾の – ist から

「何かの職業の人を表す言葉じゃないか?」

と推測なさるかもしれません。

そう、ある職業人を意味する単語です。

 

スポンサードリンク

 

現代の医療は、様々な診療科目に専門化している!

研究社 新英和中辞典では

「orthopedist」 ˌɔrθʌˈpidʌst(米国英語)ˌɔ:rθʌˈpi:dʌst(英国英語)](あえてカタカナ表記すれば「オーサピーディストゥ」)は

「整形外科医」

と日本語訳されます。

「外科医」と言えば

「surgeon」[sˈɚːdʒən(米国英語)sˈəːdʒən(英国英語)](カタカナにするなら「サージャン」)

が一般的に知られる言葉です。

ただ外科と一口に言っても、様々な診療分野があり、専門化が進んだ現代の医学では

cardiac surgeon(心臓外科医)

neurosurgeon[または brain surgeon](脳外科医)

など、外科医の表記も様々です。

診療科目の「整形外科」

「orthopedics」[ɔ̀rθəpídiks]となります。

語源は、ギリシア語で

「正しい、正規の」を表す「ortho」と

「子育て、教育」を表す「paidera」です。

 

スポンサードリンク

 

『整形外科』と『形成外科』は大きく異なる!

ちなみに、「整形外科」と「形成外科」は同じようですが、内容は大きく異なります。

日本赤十字社 旭川赤十字病院のWebサイトによると、

「整形外科」は主に手、足、背骨などの骨・関節の異常を扱うのに対し、

「形成外科」は主に外から見える体表面(皮膚)の異常を扱う

診療科目です。

「形成外科」は英語では

「plastic surgery」

となります。

日本では一般的に「整形手術」と言うと「美容整形」、つまり「美容外科」を指しますが、「美容外科」は「形成外科」の一分野です。

英語で「(美容)整形手術を受ける」と言う場合、

「have plastic surgery」

「undergo plastic surgery」

と表現します。

 

最後に・・・。

今回の「orthopedist」については、日本国内では医療関係者以外はまず使う機会がないでしょう。

しかし、英語圏の国へ旅行に行った際、もし現地で怪我をして

「もしかして骨折したかも?」

と思ったら、近くで「orthopedist」、「orthopedics」という表記がある病院を探せばいいのです。

知っていて損になることはありません・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク