「金銭消費貸借契約」英語で何と言う?試験に出ない英語手帳(第25回)

英語・その他外国語(夫)
英語・その他外国語(夫)

金融機関から事業資金や住宅ローンなどのためにお金を借りる際、必ず契約を締結します。

その際の契約書には、ほぼ必ず「金銭消費貸借契約書」と書かれているはずです。

この「金銭消費貸借契約」という言葉、日本語でも普段の日常会話ではまず使いません。

平たく言えば、お金を使うために借り入れ、将来約束の期限に返済する(利息を付ける場合もある)ことを約束する契約です。

これを英語で言うとなると、どう表現すればいいのでしょうか?

金銭=money 、消費=consumption くらいは思い付きます。

契約もcontract と、英語をちょっと知っている人なら分かります。

では貸借は?ベタに訳すと

borrowing and lending(借りること及び貸すこと)

となりますが、正しくはloan となります。

これらの単語を組み合わせて、money consumption loan contract とでもなる?

意気込みは買いたいですが、残念!

実は単語二語、loan agreement で表せます。

借主と貸主が loan についてagreement (合意)を結ぶというので事足ります。

日本語だと漢字八文字のいかめしい言葉になりますが、英語だと極めてシンプルになります。

ちなみに、契約書面である「金銭消費貸借契約書」も loan agreement で通じますので、後ろにdocument(文書)などと付けなくても大丈夫です。

他の表現としては、promissory note があります。

この言葉には「約束手形」という別の意味もあり、辞書ではそちらの意味しか載っていないものもありますが、ローン契約の場合は「金銭消費貸借契約書」=「借用証書」を意味します。

但し、やたらとあちこちでloan agreementを結んでお金を借りまくると、

multiple debts(多重債務)

を抱えて苦労することになります。

「ご利用は計画的に。」

という消費者金融のCMを思い出すべきでしょう。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。