謎のメーカー「LDC」のペットボトル緑茶が美味しい!

毎年夏になると、ペットボトル飲料の売れ行きが一気に上昇します。

ここ数年7月~8月は真夏日が続き、最高気温が40℃を超える地域もあります。

冷たい飲み物で水分補給しないと、生死に関わる恐れもあります。

日本では季節を問わず

「緑茶」

が人気で、スーパー・コンビニ・自販機のいずれでも、豊富な種類の商品が売られています。

 

スポンサードリンク

 

緑茶市場の覇者が『お~いお茶』と『伊右衛門』!

その中でも、二大巨頭と呼んで差し支えないのが

「お~いお茶」(伊藤園)

「伊右衛門」(サントリー)

です。

発売開始は「お~いお茶」の方がかなり早いですが、「伊右衛門」は発売間もなく大ヒットを記録。

それまで「お~いお茶」の独壇場だった、緑茶飲料市場の勢力地図を書き換えました。

田舎の小さいスーパーやコンビニでも、これら二つのブランドはまず間違いなく置いてあります。

他の大手メーカーも様々な緑茶飲料を販売していますが、「二強」の売上にはかなりの差を付けられ続けているのが現状と言えます。

 

弁当の出前を頼むと、サービスでお茶を付けてくれる!

先日、近所の飲食店に弁当の出前を注文しました。

その店はコロナ禍の中で例に漏れず、来客数の減少・営業時間短縮・酒類の提供自粛という

「三重苦」

に苦しんでいました。

そこで、オリジナルの弁当メニューを数種類開発。

テイクアウトと出前の両方を始めました。

私の自宅の郵便受けに宣伝チラシが入っており、嫁と二人で一度注文しようということになりました。

チラシには

「お一人様に一本、ペットボトル緑茶をサービス!」

と書かれてあり、某メーカーの緑茶の写真が載っていました。

たまにネット注文で出前を頼むと、お店がペットボトル緑茶を付けてくれることがあります。

そのメーカーの商品をもらって飲んだことがあり、味は「まあまあ」というレベルでした。

 

スポンサードリンク

 

もらった緑茶はチラシの商品と異なっていた!

昼過ぎに電話でお店に注文し、夕方にお店の人が届けに来てくれました。

弁当と一緒に、緑茶のペットボトル2本も渡してくれました。

いざ食べる段になり、嫁から渡されたペットボトルを一目見て、

「あれ?写真のと違う!」

と気付きました。

ラベルをよく見ると

「LDC お茶屋さんの緑茶」

と書かれていました。

 

全く知らないメーカーの緑茶。飲んでみると・・・。

「LDC?どういう意味?」

私はラベルの横側の部分に目をやりました。

すると

「製造者 株式会社ライフドリンクカンパニー」

との記載がありました。

Life Drink Company・・・略してLDC!なるほど!」

と一瞬納得しましたが、「ライフドリンクカンパニー(LDC)」なる会社名には、全く聞き覚えがありませんでした。

考えていても仕方がないので、とりあえず弁当を食べ始めました。

弁当自体は大変美味しく、満足いく味でした。

そして、全く期待せずに飲んだ

「LDC お茶屋さんの緑茶」

が、思っていたよりもはるかに美味しかったのです・・・。

 

スポンサードリンク

 

苦過ぎず甘過ぎず、食事時に飲んでも大丈夫!

私の全く個人的な基準では、「美味しくない」ペットボトル緑茶は大抵

(1)苦味が強過ぎる

(2)甘味を前面に出し過ぎている

のどちらかです。

どちらかに当てはまると、喉が渇いた時にゴクゴク飲むことが難しいのです。

また食事の際に飲むと、お茶の味が口の中に長く残ってしまい、食物の味が楽しめなくなってしまいます。

LDCの緑茶は(1)にも(2)にも該当せず、弁当を食べながら飲んでも全く問題ありませんでした。

ラベルの端に赤い四角形が描かれており、白抜きで

「鹿児島県産茶葉」

と書かれていました。

不勉強で、鹿児島県でお茶が栽培されているとは知りませんでした。

ペットボトル緑茶なので、それほど多くの茶葉が使われているとは考えられません。

しかし、この商品に関しては嫌な「クセ」が全くありません。

嫁は緑茶が苦手なので、もらったもう一本は冷蔵庫に入れて冷やしていました。

二日くらい後に、喉が渇いた私が飲みました。

クセがないので、一気に飲めるのがいいです。

 

最後に・・・。

私は家では普段、「伊右衛門」の2Lペットボトル(ダース買いしてます)を飲んでいます。

外出時に緑茶を買う場合は、「お~いお茶」か「伊右衛門」のどちらかしか買いません。

味のレベルでも、これら二つのブランドが断トツだと、ずっと思っていました。

しかし、この

「LDC お茶屋さんの緑茶」

は、「二大巨頭」に劣らないレベルだと思います。

LDCは、失礼ながら「無名メーカー」です。

大手のような販売力も宣伝力もないはずです。

それでも、これだけの品質の商品を作れるのだと驚いてしまいます。

「飲み物オタク」の一人としては、LDCのこれからの動向に注目していきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク