50歳で「森永マミー」を飲んだ。まずい?やはりおいしい!

スーパーに行くと、大抵の店で

「森永マミー」

が牛乳などと同じコーナーで売られています。

1965年(昭和40年)に森永乳業から発売されて以来、60年近く売れ続けているロングセラー商品です。

子供の頃お飲みになられた方も多いでしょう。

最近の若い世代も、「マミー」を飲んで育ってきたはずです。

 

スポンサードリンク

 

乳酸菌飲料の巨人、ヤクルトと張り合ってきた!

マミーは「乳酸菌飲料」です。

乳酸菌飲料と言えば、日本では100%に近い人が真っ先に

「ヤクルト」

を思い浮かべるはずです。

飲み切りサイズの小さな容器がトレードマークで、スーパーなどでは6本入りパックで売られています。

また、「ヤクルトレディー」の女性が色々な企業の事務所を訪問し、ヤクルトなどを売っているのもおなじみの光景です。

しかし、マミーも60年近く、ヤクルトという巨人の向こうを張って頑張って来ました。

マミーの紙パック900mlタイプ及び牛乳ビン180mlタイプについては、

「生きてる乳酸菌入り」

「人口甘味料不使用」

「ミルクカルシウム入り」

という三つの「売り」があります。

なお、紙パック200mlの「マミーL」には人工甘味料を使っており、乳酸菌とミルクカルシウムも入っていません。

 

マミーは子供限定ではないが・・・。

森永乳業のWebサイトを見てみると、マミーは子供限定とは全く書いていません。

しかし、「マミー」という商品名や、

「マミーレオ」

「ジラッフィー」

「ピョコリーナ」

など動物をモチーフにしたキャラクターがパッケージなどに登場することから、やはり主なターゲット層は幼児(2歳くらい?)~小学生(ギリギリ高学年?)だと思われます。

少なくとも、50歳台男性は含まれていないと思います・・・。

 

スポンサードリンク

 

子供の頃よく飲んだマミー。しかし、成長するにつれ・・・。

私が子供の頃、既にマミーは発売されており、結構よく飲んだものです。

まだ炭酸飲料はそれほど飲ませてもらえない時期であり、両親も、糖分の多いジュースよりは身体に良いと思って買っていたのかもしれません。

しかし、成長するにつれて、マミーからは遠ざかってしまいました。

他の飲み物を色々飲むようになり、マミーの甘さに満足できなくなったのも一因です。

また、マミーは子供の飲み物だという先入観に支配されたという面もあります。

 

数年に一度、マミーを飲みたくなる周期が訪れる!

ただ、私の人生の中では、成人してから5~10年に一度、マミーを無性に飲みたくなる周期が訪れるのです(笑)。

スーパーやコンビニでは、紙パック900mlタイプは普通に買えます。

そういう周期には仕事帰りなどに買います。

しかし、30~40歳代になると、買い物カゴにマミーの紙パックを入れているのが気恥ずかしくなります。

そんな時は

「家族に頼まれて買うんですよ。」

オーラを出すようにしていました。

そして、50歳を過ぎてしばらくした先月末のこと。

また

「マミーが飲みたい!」

周期が巡って来たのです。

今回は近くのスーパーに嫁と一緒に行き、精算は嫁がしてくれたので、「頼まれて買う」オーラを出す必要はありませんでした(笑)。

 

最後に・・・。

翌日の午前中、久しぶりにマミーをコップに入れて飲んでみました。

ヤクルトよりも甘酸っぱさが強いのは引き続き変わらず、

「そうそう!これがマミーなんだ!」

と年甲斐もなく喜びました。

「森永マミー」には、発売100周年を迎えるまで売れ続けて欲しいものです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク