ほっかむり・風呂敷は古い!意外な姿で盗みに入る泥棒が!

日本は、世界の中でも

「治安が著しく良い国」

として有名です。

しかし近年は、毎日のように日本のあちこちで凶悪犯罪が起こっています。

そして

「泥棒」

すなわち窃盗、空き巣、強盗といった犯罪も多いです。

2020年(令和2年)からのコロナ禍にあっては、休業中の飲食店、在宅勤務で無人のオフィスが狙われる事件が多発しました。

 

スポンサードリンク

 

街の風景に溶け込む、目立たない格好が基本!

昔のマンガやアニメでは、泥棒と言えば

「ほっかむり」

「唐草模様の風呂敷」

という出で立ちで描かれていました。

しかし現代では、そんな格好の泥棒など皆無でしょう。

ただ、基本的には目立たない格好、他人の印象に残らない格好のはずです。

日中でも夜間でも、なるべく街の風景に同化して隠れてしまう、そういう格好が理想でしょう。

 

商店街のお店に、夜中に泥棒が・・・。

昔、私が一人暮らしをしていた頃でした。

ある用事で大家さんを訪ね、用事が終わった後に少し立ち話をしていました。

「最近、近くの商店街で泥棒が入ったらしいですよ。」

と、大家さんが話し出しました。

大家さんは古くから地元にお住まいで、商店街の方々とも長い付き合いだそうです。

「ある店なんですけど、そこの奥さんが夜中にトイレに行こうと、2階から1階に降りたそうです。すると、店舗スペースから何か物音がしたんです。店舗を覗いてみたら、知らない男の人が店の中を物色してたんですって。」

「泥棒と鉢合わせしたんですね。どうなったんですか?」

「奥さん、ビックリして悲鳴を上げたって言ってました。慌てて2階へご主人を呼びに行く間に、泥棒も逃げ出したそうです。幸い、何も盗まれなかったみたいです。」

「それは幸いでしたね。怪我も負わなくて、何よりでしたね。」

「そうですね。それで、奥さんが言ってました。泥棒って、普通の格好だったそうです。」

「どんな格好ですか?」

「スーツにネクタイの、サラリーマンみたいな格好です。」

聞いていた私も驚きました。

スーツ姿の泥棒は、今までイメージしたことがありませんでした・・・。

 

スポンサードリンク

 

スーツにネクタイ姿は、怪しまれにくい・・・。

ただ、スーツにネクタイという格好は、日常の至る所で見かける格好です。

昼間はオフィス街や繁華街、住宅街・・・どこでもそういう姿の男性はザラにいます。

夜間でも繁華街や駅前などで、帰宅途中や飲み歩いているスーツ姿の男性は、全く珍しくありません。

変に上下とも黒のジャージ、帽子を目深にかぶってという格好だと、周囲の風景から浮き上がります。

かえって悪目立ちしてしまい、警察官から職務質問される可能性も高まります。

そういう点では、スーツ姿は意外と合理的な格好なのかもしれません。

しかし裏返せば、スーツにネクタイの人だからといって、決して油断してはならないということです・・・。

 

泥棒の被害を最小限にするための工夫も・・・。

大家さんによると、商店街でも勉強会などを開き、様々な防犯対策をしているとのことでした。

その話の中で、印象に残ったことがありました。

万が一泥棒に入られてしまった時のために、すぐ見つけられる所に、

5千円札や1万円札が1枚入った封筒を置いておく

というものです。

盗みに入ったものの金目の物が全くないと、腹いせに店の中をメチャクチャに荒らして行く輩がいるそうです。

たとえ少額でも、現金を手にできれば静かに出て行くだろうと、保険のような意味でお金入りの封筒を

「見せ金」

として置いて置くのです。

 

最後に・・・。

2022年(令和4年)3月現在、日本が不況から抜け出せる兆候は、全く見られません。

今後も窃盗・空き巣などの犯罪件数は、増えこそすれ減りはしないでしょう。

我々一人一人が、しっかり防犯対策を講じていく以外には、道はないようです・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。