日本中に「言いっ放しボンバー」の使い手が急増中?

時事ネタ(夫)

皆様は、「言いっ放しボンバー」という言葉をご存知でしょうか?

ご存知なくて当然です。私の完全な造語です。

プロレスの技っぽく聞こえますが、違います(笑)。

言いっ放しボンバーの定義とは?

思い付きだけで無責任な発言を繰り返すこと、誤った発言、不快・不適切な発言をしても、全く謝罪・撤回をしないこと、汚い言葉で他人を誹謗中傷しまくり、何の責任も取らないこと、何かをすると公言しながら一向にやらないこと・・・、これらの技の総称です。

どんな人たちに使い手が多いのか?

政治家(閣僚、国会議員、地方自治体の首長など)には、昔からこの技の使い手が多数存在しました。

しかし、最近は使い手の人数が急増しています。

主にインターネット・SNSの電脳空間で、彼らの技を試聴することができます。

その昔、猿が木の枝を道具として使うことを覚えたように、彼らはTwitterや
FacebookのようなITツールを喜んで使っています。

しかし、猿と違って上手な使い方を学ばなかった(あるいは学んでも身に付かなかった)ため、ITリテラシーは上達せず、「言いっ放しボンバー」の能力だけがいつの間にか向上しています。

芸能人や文化人にも、達人レベルの使い手が増えています。

政治家と同じく、SNSで「つぶやく」人が多いのですが、内容が過激過ぎて、もはや「絶叫」レベルになっている場合が多々見受けられます。

彼らの仕事は目立ってナンボではあるのでしょうが、

「目立つこと」と「悪目立ちすること」の違いくらいは理解して欲しいところです。

ネット社会が、言いっ放しボンバー隆盛の土台になった!

SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)は、当初の崇高な理念から10万光年ほど遠く離れ、現在は

「バカ拡散器(あるいは拡声器)」

としての機能がどんどんバージョンアップされ続けています。

言いっ放しボンバーの普及に大いに貢献したという点では、SNSは

「極真空手の世界における大山倍達」

のようだと言っても過言ではないでしょう。

少なくともSNSがまだ存在しなかった20年くらい前は、言いっ放しボンバーを日常的に繰り出す人間は、今ほど表には出てきませんでした。

人間としての羞恥心、プライド、一般常識などが歯止めとなり、技を封じていたはずです。

しかし2020年(令和2年)現在、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、インターネット、SNS・・・と至る所で技の応酬が繰り広げられ、

「どこでも天下一武道会」の様相を呈しています。

SNS発祥の地、アメリカの状況は?

「そうだ!SNSを生み出した国、アメリカをお手本にすれば、日本の状況も変わるんじゃないか?」

と考えましたが、甘い考えでした・・・。

アメリカでも、言いっ放しボンバー(英語ではどう表現すればいいのでしょうか・・・)をマスターした猛者たちが、日本よりもはるかに多かったのです。そして、その頂点に君臨しているのが

ドナルド・トランプ大統領です。

さすがは超大国アメリカのトップ!

他のアメリカ国民を寄せつけない「言いっ放しボンバー」の達人ぶりは、大ヒットマンガ「北斗の拳」の主人公ケンシロウに匹敵します。

韓流ブームも、言いっ放しボンバーを加速?

ネットの掲示板やSNSで有名人への誹謗中傷を書き込む、「ネットいじめ」は、言いっ放しボンバーの傍流と言うべきものです。

この「ネットいじめ」は、隣国の韓国で社会問題となり、今でも根強く残っていますが、韓流ドラマやK-POPと一緒に、日本でも大ブームを巻き起こしました。

しかし、さすがは元祖パクリ大国、日本です。

韓国ほどITインフラが発達していないにもかかわらず、いじめのエネルギーの大きさや陰湿さは、韓国に肩を並べるレベルに急成長しました。

コロナ禍の最中、言いっ放しボンバーも大流行!

今年の初めから、中国を起点に新型コロナウイルスの感染が世界中に拡大し、2月以降は日本でも感染が拡大しました。一時は若干鎮静化に向かいましたが、7月に入ってから東京都を中心に、再拡大に向かっています。

新型コロナパニックに日本中が揺れる中、言いっ放しボンバーの流行拡大も負けてはいませんでした。

総理大臣を始めとする閣僚、議員(国、都道府県など全てのレベル)、地方自治体の首長、学者、文化人、マスコミ関係者・・・日本を支える階層の人間たちが、これでもかというほど言いっ放しボンバーを放ちまくりました。

あまりにも多過ぎて、私のような凡人の平民には、技が放たれたことに気付くことができないほどでした。

新型コロナウイルス感染の第2波が迫り来る最近(もう既に来ているかもしれません)は、また一部の政治家やマスコミが、「経済活動と感染防止は両立可能!」、「with コロナの新しい生活スタイル!」などと、新たな言いっ放しボンバーを繰り出し始めています。

最後に・・・。

我々は、親や学校の先生から

「自分の発言には責任を持て。」

「間違ったら、きちんと謝れ。」

「他人の悪口は言うな。いじめは絶対にするな。」

「約束したことは実行しろ。」

と教えられてきたはずです。

しかし、そうした考えは現代の「美しい国、日本」では、縄文時代の土器のように、博物館に展示されることになりそうです。

「日本を、守り抜く。」ためには、道徳教育の代わりに「言いっ放し」力を育成するための授業が必要になるかもしれません。

そう言えば、「沈黙は金」って言葉をどこかで聞いたような・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。