プールの授業が厳しかった小学校にて、地獄の臨海学習が…。

エッセイ(妻)

暑い日が続いている。
夏と言えば、プールだ。
今回は、小学生のときのプールの思い出について書きたいと思う。

私の学校(市全体)はなぜか、プールの授業が厳しかった。
日本一厳しいという噂まであった。

私は運動音痴の為、当然泳げなかった。
1年の時は、まず顔を水につけられないという課題に直面し、
連絡帳に「顔を水につける練習をさせて下さい」と先生から母親にメッセージが書かれ、
洗面所で母親からスパルタ教育を受けた。
端から見たら、虐待行為そのものだった。

私の小学校は小プールと大プールがあり、3年生からは大プールで授業が行われた。
大プールは水深が深いところで1.4mあった。
私は背が小さいので足が届かず、1度溺れかけた。
それから、更に水泳が嫌いになり、足がつくところでないと泳げなくなった。

それから数年。
他の学校でもあったと思うが、
6年生になると、夏休みに臨海学習というかなりめんどくさいものがあった。
日本海方面までバスで行き、1kmの遠泳をするというものだった。
先生が小舟に乗り、私達は万が一の為に命綱をつける事になっていた。
命までかけてなぜそんな事をしないといけないのか?今になってもわからない。

たかが、公立の小学校なのに、水泳のレベル別にクラス分けされた。(水泳の授業の時のみ)
泳げる人からA・B・Cと分けられ、クラスによって水泳帽の色まで変えるという熱の入れようだった。
A・B・Cの中でもまた細分化され、私はもちろんCだった。
しかし、Cの中でもまだ上の方で一番下ではなかった。

ちなみに、私は、当時平泳ぎがうまく出来なかった。
「あおり足」というやつで、いくら蹴っても進まなかった。
その上、浮かず、浅いところでは、足が底についていた。

直前になってくると、国語や算数の授業まで水泳の授業になった。
私達はオリンピックの選手でもないのに、何時間もプールでひたすら泳がされたのだ。

ある日、体のある部分(デリケートな部分なので書かないでおく)が少し痛み、病院へ行った。
特に異常は無いとの事だったが、私はこの毎日の水泳地獄にうんざりだったので、
試しに、担任に、「具合が悪いのでプールを見学したい」と言ってみた。
あっさりOKが出た。言ってみるもんだ。

しかし、担任は、私が仮病である事を見抜いていたのだろう。
クラスを、Cの一番下、要するに、全体の一番下のクラスに格下げしてきたのだ。
私は、以前からその担任が大嫌いだったが更に嫌いになった。

臨海学習の直前の授業で、「浮き身」の練習をする事になった。
遠泳で疲れた時に、海では足をつけて休憩ができない為だ。
私は、最後まで出来なかった。
泳ぐ時に既に沈んでいるのに、いざ仰向けになったところで浮くわけないのだ。

私は元々遠泳が嫌だったが、浮き身が出来ない事で、更に憂鬱になった。
なんとか逃げられないものか…。
そんな思いを抱いたまま、臨海学習の日を迎えた。
今の私なら間違いなくサボる。
しかし当時の私にはその選択肢は無かった。
2泊3日の最終日にCクラスの遠泳が行われる事になっていた。

その前の日の晩から私は悩んでいた。
どうにかして逃れられないものか…?

当日の朝、私は意を決し、行動に出た。
先生(担任とは別)に、「お腹を下していて調子が悪い」と申し出たのだ。
私のお腹はすこぶる快調だったが、先生がトイレまで覗きに来る訳でもなく、
「それは大変!遠泳は休みなさい。」という言葉を頂けたのだ。

「よっしゃ~!これで休める!」と私は心のなかでガッツポーズをした。
周りのみんなは、こんなに元気なのに…って内心思っていただろう。

しかし、事態は思わぬ方向に進む。
波が高い為、遠泳が中止になったのだ。
急遽、波打ち際で、海遊びをする事になった。

元々体調は悪くないのだ。
先生が、「今日遠泳は中止になった。遊ぶ事になったけどどうする?」と聞いてきた。
私は、「遊びます。」と迷いなく答えた。
今になって思う。この先生も、私が仮病を使った事に気づいていたのではないかと。

こうして、臨海学習はほとんど泳がないまま終わった。
あんなに、水泳ばかりの日々を送ったのは何だったのか…?
しかし、命綱までつけて泳がなくて済んで良かったと今でも心から思う。