競売配当受領の場で、不動産の元所有者と出くわした!

債権回収の仕事をしていると、不動産が担保として差し出されている

「有担保債権」

を担当することもあります。

そうした案件の場合、債務者や連帯保証人などとの交渉は

「返済交渉」

というより

「担保不動産の売却交渉」

と表現する方が正確です。

 

スポンサードリンク

 

不動産競売で担保が売れたら、代金が配当として分配される!

担保不動産の所有者が任意売却に応じなければ、裁判所を介した

「不動産競売」

手続によって、第三者に売却することになります。

このブログでも、競売関連の記事が複数あります。

競売にかけられた不動産が買受希望者に落札され、買受代金が所定の期日までに納付されたら、所有権登記が買受人名義に変更されます。

そして、買受代金は登記の順位など法定の順番に従い、債権者に配当として分配されます。

 

競売配当の受領は二通り。一つ目は定番の・・・。

競売配当をどうやって受領するかについては、法律関係者や金融関係者以外の人にはなじみがないはずです。

21世紀の日本にあって、裁判所で現金を受け取ることはありません。

数万円程度ならともかく、物件によっては数千万円~数億円ということもあり得ます。

現在は、次の二つの方法のどちらかで受領します。

一つ目は

「銀行振込」

です。

事前に裁判所に書面で、競売配当を振り込んで欲しい金融機関口座を伝えておきます。

すると、裁判所の方で振込手続をしてくれるのです。

但し、配当日の当日にすぐ入金確認できるわけではありません。

数日以内には振込された旨が分かります。

しかし、債権者にとっては楽でありがたい方法です。

 

スポンサードリンク

 

もう一つは、保証小切手での受領!

もう一つの方法は、配当日に裁判所へ出向き、

「保証小切手」

として受領するというものです。

詳細は省略しますが、裁判所が振り出した小切手を受け取るのです。

配当日に裁判所へ行き、保証小切手を受領して事務所に戻ったら、小切手を経理部門に回し、入金処理を行います。

裁判所へ行けば、配当表(各債権者にいくら配分されたかが記載されている)を直接受け取れます(後日郵送されてくるのですが)。

 

便利な銀行振込だけでなく、保証小切手を取りに行くこともある!

これだけ聞くと、最初の銀行振込の方が断然楽だと思われるでしょう。

まさしくその通りです。

しかし、多くの金融機関や貸金業者、債権回収業者などは、両方の方法を併用しています。

なぜでしょうか?

各債権者とも、年間・半期・四半期・月間の回収目標というものがあります。

管理職や回収担当者たちは、毎月

「今月は目標額を達成できるかな・・・。」

と、数字に一喜一憂します。

特に月末、年末、年度末は、一日でも早く回収目標を達成しようと必死です。

ところが銀行振込だと、たとえ競売配当がその月の下旬~末だったとしても、振込されているのを確認して内部の入金処理を行うのは、翌月になることが多いのです。

その月中に入金処理できるかどうかで、その月の回収目標に達するかどうかの分かれ目になります。

そのため、毎月20日以降に競売配当が行われる場合は、回収担当者が裁判所へ出向いて保証小切手を受領し、事務所へ戻るとすぐに入金処理をする所が大多数だと思います。

私が有担保債権専門の部署にいた頃も同じでした。

日によっては、担当者の半数ほどが朝から裁判所に出かけることもありました。

 

不動産を売られた元の所有者は、裁判所へは来ないはずだが・・・。

競売配当の当日、保証小切手を取りに裁判所へ行くのは、配当にあずかれる債権者だけです。

持っていた不動産を売却されてしまった元の所有者は、自分には1円も入って来ないケースがほとんどです。

行けば、配当表を直接受領できます。

とは言え、配当表になど何の興味もなく、取りに来ない人が圧倒的多数です。

しかし、私はたった一度だけ、競売配当の保証小切手をもらいに行った裁判所で、元の物件所有者と出くわしたことがあります。

 

保証小切手の発行を待っていると、男性から声をかけられ・・・。

10年以上前のある月の下旬でした。

私は電車を乗り継ぎ、ある裁判所へ向かいました。

そして、競売担当の部署で保証小切手を発行してもらう手続をしました。

カウンターの近くで待っていると、ある男性から

「こんにちは。」

と声をかけられました。

振り向くと、そこにはある案件の債務者が立っていました。

その男性こそが、その日配当をもらう競売事件の、元の物件所有者だったのです・・・。

 

トラブルになるのではと心配したが・・・。

私は

「物件を売られた恨み言でも聞かされるのか?」

と一瞬身構えましたが、実はその男性は配当表を取りに来ただけだったのです。

ある意味律儀な人でした。

その男性は配当表を受け取ると、そのまま帰って行きました。

トラブルに発展することもなく、私は胸を撫で下ろしました。

 

最後に・・・。

それ以来、競売配当の日に裁判所で元の所有者と会うことは、一度もありませんでした。

しかし、色々揉めて競売に至った案件の配当の日は、

「もしかして文句を言いに来るんじゃ・・・。」

と不安を抱くことがしばらく続きました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク