大阪地裁「不動産競売の担当部署」だけが新大阪にある!

このブログでは

「不動産競売」

に関する記事を多数書いてきました。

不動産競売の申立は、

「対象不動産の所在地を管轄する地方裁判所(支部を含む)」

に対して行います。

例えば、東京都の不動産全てを「東京地方裁判所」の本庁が管轄しているわけではありません。

東京地裁には複数の支部があり、それぞれ管轄区域を持っています。

管轄違いの裁判所への申立はできません。

 

スポンサードリンク

 

競売担当部署も、同じ敷地内にあるはずだが・・・。

日本各地の地方裁判所には、不動産競売を担当する部署があります。

基本的には、裁判所の敷地内にオフィスがあります。

当たり前だと思われるでしょう。

ところが、そうではない地方裁判所が存在するのです。

 

大阪地裁は大阪市北区、競売担当部署は大阪市淀川区!

大阪府には

大阪地方裁判所

大阪地方裁判所 堺支部

大阪地方裁判所 岸和田支部

という、本庁と支部二つがあります。

本庁は、大阪府のかなりの範囲を管轄しています。

不動産競売の事務を担当するのは

「第14民事部」

です。

裁判所に縁のない方々からすれば、大阪市北区にある本庁の中に第14民事部のオフィスがあると思うのが当然でしょう。

ところが、この第14民事部は、

大阪市淀川区

という全く別の場所が所在地なのです。

 

スポンサードリンク

 

地下鉄で4駅先、そこから徒歩20分!

大阪地裁本庁の最寄り駅は、大阪メトロ(地下鉄)の

淀屋橋駅

です。

一方、第14民事部の最寄り駅は、同じ大阪メトロで淀屋橋駅から北に4駅先の

新大阪駅

です。

ここから西に徒歩20分ほどという、結構遠い場所なのです。

道順は複雑ではなく、迷うことはないはずです。

しかし、歩いてみるとなかなか疲れます。

周囲には市営住宅やマンション、公園などがあり、完全に住宅街の中です。

 

一時的な移転だと思っていたが・・・。

第14民事部が現在の場所に移転したのは、2001年(平成13年)の1月末でした。

当時、私や職場の同僚たちは

「裁判所の建物も老朽化してるし、競売の件数も増えて手狭になってるはず。新しい建物を造って、何年かしたら戻って来るんだろう。」

と考えていました。

しかしその後、裁判所の庁舎が増改築される気配は全くありませんでした・・・。

結局、20年が経過した2021年(令和3年)8月現在も、新大阪で業務が行われています。

 

最後に・・・。

建物自体は結構きれいで、フロアも静かで落ち着いた雰囲気です。

仕事の環境としては快適だと思います。

ただ、とにかく中途半端に遠いです。

用事で行く人はもちろんのこと、働いている職員の方々も、同じ気持ちなのではないでしょうか・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。