タブレットPC市場は謎のメーカーだらけ!

1990年代〜2000年代までは、日本でパソコン(PC)を買う際の第一候補は、日本メーカーの製品でした。

NEC、富士通、東芝といったPCの老舗から、ソニーやパナソニックなどの新規参入組まで、様々な日本企業がデスクトップ・ラップトップのPCを生産していました。

 

スポンサードリンク

 

消費者も日本製だと安心していた!

もちろんIBMやDELL、HP、COMPAQ(懐かしい・・・)などのアメリカ企業も、日本市場に参入していました。

しかし、我々消費者の多くは

「やっぱり日本製が安心できるよね。」

と、日本メーカーのPCを好む傾向にありました。

PCに詳しい人や、デザイン・アート関係の仕事をする人たちが、Appleの「iMacシリーズ」を愛用するという具合でした。

 

令和日本のタブレット市場では・・・。

時は流れて2021年(令和3年)。

日本企業でPCを生産しているのは、NEC、富士通、パナソニック(ラップトップのみ)くらいです。

アメリカ企業でも、DELL、HP、Appleが日本での販売を続けているのみです。

IBMのPC部門は、中国のLENOVOに買収されました。

今やラップトップPC、そしてタブレットPC市場では、中国や台湾のメーカーの製品が最大勢力と言っていいでしょう。

家電量販店でも、特にタブレットPCの売り場では、Appleの「iPad 」やMicrosoftの「Surface」か、中国・台湾メーカーの製品かの

三者択一

のような状況になっています。

 

スポンサードリンク

 

見聞きしたことのない、謎のメーカーが多数!

中国のLENOVO、台湾のASUSやACERなら、ラップトップPCでも知名度があり、まだ馴染みがあります。

ところが、その他のメーカーについては、一体どこの国のメーカーかもよく分かりません。

Amazonなどのネット通販サイトで、タブレットPCを検索してみると、大量の製品が表示されます。

ですが、大部分のメーカーは、今まで見聞きした覚えのない所ばかりです。

私が不勉強なのを差し引いても、全く知らないメーカー名がズラリと並んでいます。

ネット検索してみても、詳細の掴めないメーカーが多数あります。

 

日本メーカーの存在感が・・・。

有名どころと言えば、やはり「iPad 」か「Surface」程度です。

他のアメリカ企業のタブレットは、見当たりません。

日本メーカーの製品に至っては、全く出て来ません。

タブレット市場には参入していないのか、それとも撤退してしまったのでしょうか・・・。

 

我が家のタブレットは、2台続けて外国製!

我が家で現在使っているタブレットは、2台目です。

最初に買ったのは、LENOVO製でした。

初めは少し不安を覚えましたが、使ってみると何の問題もありませんでした。

結局、5年ほど使いました。

本体の機能は正常でしたが、充電ができなくなってしまったので、新しいのを買うことにしました。

Amazonで品定めしていて、良さそうと思ったもののページを詳しく見てみました。

メーカー名は

MARVUE。

初めて目にする名前でした。

 

スポンサードリンク

 

謎のメーカーだが、安さに惹かれ購入。全く問題なし!

社名を入力して検索しましたが、公式サイトらしきものは見当たりませんでした。

何となく中国メーカーっぽいとは思いましたが、はっきりとは分かりません。

仕様はとりたてて不足なく、価格も1万円ちょっとという安さです。

それで、「MARVUE」製のタブレットを注文しました。

家に届いて中身を見てみると、ごく普通のタブレット。

嫁が設定しましたが、すんなり出来たとのこと。

以後4ヶ月近く使っていますが、特に問題は起きていません。

私は主にブログ記事の清書、Amazon Kindleやdマガジンの読書用に使っています。

 

最後に・・・。

現在はPC(ラップトップ、タブレット)に限らず、例えば薄型テレビでも、割と無名の外国メーカーの製品が売られています。

画質は日本製品と変わりません。

価格もかなり安いです。

日本メーカーの製品に拘る必要はないと思えます。

消費者としては、ありがたい傾向です。

しかし、日本国民としては複雑な気分です。

日本人の

「日本の物づくりは世界一!」

という自尊心が、確実に崩れ落ち始めている状況だからです。

日本が世界に誇っていた

「自動車」

も、今後電気自動車や燃料電池車へのシフトが進んでいけば、お家芸ではなくなるかもしれません。

日本からも、「謎のメーカー」的な中小・零細企業が、テレビやPC、スマートフォン、自動車の分野にどんどん打って出るようになればよいのですが・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。