「神社」を英語で説明できますか?試験に出ない英語手帳(第70回)

2021年(令和2年)から続くコロナ禍のせいで、日本を訪問する外国人観光客の人数は、ゼロに近くなってしまいました。

日本各地の観光地も、大きな打撃を被りました。

仏教の寺院や神道の神社も、海外からの客で賑わっていたのが遠い昔のことのようです。

ところで

「神社って何?」

と英語で質問された場合、皆様はどのように説明なさるでしょうか?

何もかも詳しく説明するのは、日本語でも困難です。

また、説明される側も細かいことは分かりません。

重要な点をいくつか挙げて、少なくとも「神社」と「お寺」の違いくらいは分かってもらえれば、それでよしとすべきでしょう。

 

スポンサードリンク

 

『神社』って英語でどう表現する?

「神社」は

「(Shinto)shrine」

と表現します。

「shrine」[ʃrάɪn(米国英語)]には

「聖堂」、「礼拝堂」、「神殿」

という意味がありますが、

「(日本の)神社」

という意味でも使われます。

ちなみに、「神道」

「Shinto」

「Shintoism」

と表現します。

日本では

仏教の寺院 = temple

神道の神社 = shrine

と使い分けています。

 

何の神様?開祖は誰?経典は?

「神社では、何の神を祀っているのか?」

という質問には、

「Shintoism worships all the gods [deities].」(神道は、八百万の神を崇拝する。)

と答えればいいでしょう。

「deity」déɪəṭi(米国英語)ˈdi:ʌti:(英国英語)]は、

「神、女神」

「神性、神格、神位」

などの意味を持ちます。

「八百万」(やおよろず)を

「eight million」(800万)

と訳すのは完全な間違いです。

「八百万の神」 = 「あらゆる神」

と言い換えればいいのです。

そして、

「In Shintoism, no patriarch exists.」(神道には開祖がいない。)

「Shintoism has no specific scripture.」(神道には、特定の経典がない。)

と続けて説明してあげましょう。

 

スポンサードリンク

 

『鳥居』の説明も欠かせない!

また、神社には必ずある

「鳥居」

の説明も必須です。

「Torii gate」

と、門であることを明確にします。

縦の二本の柱     = two (vertical)pillars

横の二本の梁(はり) = two (horizontal)beams

と表現すればよいでしょう。

鳥居の色は、一般的に

「朱色」(vermillion)

です。

「A torii gate consists of two pillars and two beams, and is painted in vermillion generally.」

(鳥居は二本の柱と二本の梁からできており、一般的に朱色に塗られている。)

ではどうでしょうか。

また、鳥居は

神々の領域(the sacred area)

人間の住む俗界(the secular area)

との

「境界」(border)

を表します。

一説では、神社の内に

不浄なもの、悪霊(evil spirits)

が入り込まないための

「結界」(barrior)

の役割も持つそうです。

「A torii gate functions as the border which separates the sacred area from the secular area.」

(鳥居は、神域と俗界を分ける境界として機能している。)

「It has been said to be the barrior which keeps the evil spirits away from entering the sacred area.」

(鳥居は、不浄なもの(悪霊)が神社内に入り込まないための、結界であると言われてきた。)

といった説明ではどうでしょうか。

 

最後に・・・。

ここまで挙げてきた程度の重要点を、ご紹介した単語で説明できれば、基本的な部分はしっかり伝わるのではないかと思います。

通訳案内士(通訳ガイド)試験の筆記試験でも面接試験でも、ツボを外さない解答・返答になるはずですが・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。