学研「ムー」の英単語集が面白い!

英語・その他外国語(夫)

学研の月刊「ムー」と言えば、創刊40年を超える老舗雑誌です。

学研という超おカタい出版社にもかかわらず、心霊、UFO、UMA(未確認生物)、古代文明、陰謀論、秘密結社・・・などなど、オカルト的なテーマを専門に扱う、マニアックな雑誌として知られています。

『ムー』から英語の本が出版されていた!

そんな「ムー」の企画・監修による英語の本が、2017年(平成29年)9月に出版されていたことを、ご存知でしょうか?

実は、私も昨年までその存在を知らずにいました。

昨年の秋頃、NHKテレビの「金曜日のソロたちへ」という番組で紹介されていた女性が、オカルト好きで「ムー」の愛読者でした。部屋の本棚を紹介している中で、一冊の本が画面に映し出されました。

「ムー」公式の英会話ナントカ・・・。

えっ!?「ムー」の英会話本?

番組終了後にインターネットで検索すると、すぐにヒットしました。

正式な書名は、「ムー公式 実践・日常英会話」。

ご丁寧にも「超」の文字が大きくなっています。

「日常」英会話の本は書店で山ほど売られていますが、「超日常」英会話とは一体何なのでしょうか・・・。

カズレーザーの推薦コメントが帯に書かれていた!

Amazonで注文し、2日ほどで届いたので、早速読んでみました。

「UFO・エイリアン」、「心霊・怪談」、「スピリチュアル」など8つのテーマに関するキーワード、それに関する例文が載っており、例文の数は何と320!

キーワードや例文には詳しい解説があり(英文・単語の解説及び、超常現象についての解説もあります(笑))、英語の苦手な人でも楽しく読めます(あくまでもオカルト・ミステリーファンには)。

本の帯にカズレーザーさん(メイプル超合金)のコメントが書かれていましたが、

「意外とちゃんとしてる(笑)」

というものでした。言い得て妙です。

英語本としても立派に通用する!

確かに、「ムー」の英語本と聞くと、

「おちゃらけているのか?」

と思ってしまいますが、そこはさすがに学研。英語本としてのクオリティーは、正直かなり高いです。

著者の宇佐和通さんは翻訳家、ノンフィクションライター、都市伝説研究家という様々な顔をお持ちで、「ムー」の海外ニュースのリサーチ・翻訳も手がけられているそうです。

英語の解説が細かく丁寧なのにも、納得がいきました。

イラスト担当の石原まこちんさんは、「ムー」で毎月4コママンガを連載なさっています。

元々「ムー」の熱心な読者、いわゆる「ムー民」で、以前TBSテレビ「マツコの知らない世界」に出演し、「ムー」の魅力を熱弁なさっていました(笑)。

最後に・・・。

現在は、中古本をAmazonなどで購入可能です。

興味をお持ちの方は、ぜひ一度読んでみてください。

このブログの「試験に出ない英語手帳」シリーズと同様、入試や英検、TOEICなどには全く役に立ちそうにないですが・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。