コピペができない時に役立つ小ワザを在宅ワーカーが伝授!

コピペの仕事(妻)

kumafumoです。在宅ワーカーです。

今日は、コピペの仕事の初心者の方向けに、ちょっとした小ワザを伝授します。
ホントにちょっとしたものなので、あまり期待しないで下さいね。

コピペが出来ないサイトをコピペするには?

コピペをしていると、度々、コピペが出来ないサイトに遭遇します。
コピペされない様に?画像化してるのかな?と思われます。
どうしましょう?手入力するしかない?
まぁ、するしか無い時もあります。しかし、手入力は入力ミスというリスクが存在します。
私は、できるだけしない様に済むようにしています。どうするか?
検索サイトから盗むのです。


このブログ、初めての画像化。下手ですみません。
→のところの部分(絶対名称があると思うが…)からコピペするのです。
会社などを検索すると、他のサイトなどでも、住所や電話番号が掲載されていたりします。
スクロールして探して、コピペするのもいいですね。
公式サイトでは、数字が全角で、半角でコピペしたいのにな…って時にも使えます。
注意点は、他サイトからコピペする時は、本サイトと内容が合っているかきちんと確認してからコピペしましょう!
もうそんなん常識だろ!って思った方、期待させてしまいすみません。他に良い方法あるって方、教えて下さい。

公式サイトに情報が載っていない!そんな時は?

他にもコピペ作業における、小ワザをお教えします。
と言っても、これは別の記事で記載した内容と重複するところがあるのですが…。
電話番号や住所が、公式サイトに載っていない時、GoogleやYahooで検索しますよね。


Google検索で言えることですが、この様にGoogle検索の右横、又は上に出てくる事があります。

正しい事がほとんどなのですが、なにぶん公式サイトでは無いので、間違っている時もあります。
検索結果で、色々なサイトと同じ住所または電話番号が2つはある事を確認してから、コピペするようにしましょう。
私も先ほど作業していて、コピペしようとしたら、他のサイトでは、全然違う電話番号が…別のサイトでもその違う番号があったので、Google独自の情報が間違っている事に気づきました。

まとめ

いかがでしたか?ホントに小ワザですみません。
コピペの仕事は簡単ですが、時には判断力、集中力も求められます。奥が深い仕事なのです。