都市伝説か?真実か?大阪の地下鉄で安全確認NGの場所がある?

怪談・都市伝説 etc(夫)

1990年代、伝説のラジオ番組「誠のサイキック青年団」で、ある怪談(どちらかと言うと都市伝説に近い)が語られました。

大阪の地下鉄の運転士になるのは難しい!

大阪市営地下鉄(2019年(平成31年)4月に「大阪メトロ」に名称変更)は、当時7路線(現在は8路線)あり、総運行距離も非常に長いです。

地下鉄の運転士になるための試験は大変な難関で、数回受けてやっと合格できるくらいのレベルだそうです。

そして、合格してからも研修を長期間受講します。各路線ごとに分厚いマニュアルがあり、駅ごとの細かい特徴なども記載されているそうです。

駅の数も多く、カーブや信号、駅付近など、目視で安全確認を行う地点は無数と言っていいほどです。

マニュアルに書かれるべきことが書かれていない?

そのマニュアルの中で、ある路線の駅付近のある地点については、本来は必ずすべき、目視による安全確認への言及が全くなされていないそうです。

運転士試験に合格して研修を受けている人間なら、誰でも必ずおかしいと気付くらしく、毎期その部分の授業では、

「この地点では、目視による安全確認はしなくてもいいんですか?」

という質問が出るそうです。

しかし、教官は「ここは、その必要はない。」と言うのみで、詳しい理由などは一切説明しないとのことです。

地下鉄の運転士がその地点に差し掛かった時に、目視で安全確認したら、

一体何が見えるのでしょうか?一体何が起こるのでしょうか?

ラジオでは、そこまでは話されませんでした。

最後に・・・。

最近、この話についてインターネットで検索してみたところ、ある掲示板に「サイキック青年団」に関する書き込み(10年以上前のものですが)がありました。

そこでは、問題の地点は

「9文字の駅名」の駅のホーム近く

であると書かれていました。

真偽の程は不明で、我々部外者には確かめようもありません。

そうであるが故に、怪談あるいは都市伝説として、長きにわたり語り継がれるのでしょう。

しかし、その駅や路線を利用している乗客にとっては、「知らぬが仏」でしょう・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。