イタリア語では「蛇の道は蛇」に蛇が出て来ない!

英語・その他外国語(夫)

日本のことわざに「蛇の道は蛇」という言葉があるのをご存知の方は多いでしょう。

「同類の人間の行動や考えについては、同じ仲間ならば簡単に予測、理解できる。」、

「ある分野の専門家は、その分野を熟知している。」

という意味です。

言い換えれば、「その道のことはその道の専門家に尋ねよ。」です。

日本ではもちろん欧米でも、若干悪い事柄について使われるイメージがあります。

類語の「餅は餅屋」にはマイナスのイメージがないのと、大きく異なっています。

日本語では、「蛇」という、どちらかと言えば嫌われる動物を用いています。

英語でも

The wolf knows what the ill beast thinks.」

は悪い獣の考えを知っている(分かっている)。)

という言葉があり、「蛇の道は蛇」と同じ意味ですが、動物は「狼」が用いられています。

あるいは「Set a fox to catch a fox.」(を捕まえるには狐を使え。)

と、「狐」を用いる場合もあります。

しかし、イタリア語で「蛇の道は蛇」を表すことわざには、「蛇」も「狼」も「狐」も出て来ません。

原文は次の通りです。

Per conoscere un furbo, ci vogliono un furbo e mezzo.

(一つのペテンを見破るには、その1.5倍のペテンが必要だ(=1.5倍の知恵が要る)。)

cf.  conoscere「知る、分かる」  furbo「ペテン、いんちき」  mezzo「半分」

ci vogliono~ 「~がかかる、必要である」

ベタに日本語訳すると、「一つのペテンを知るには、一つのペテンともう半分のペテンが要る。」

となります。

動物が全く出て来ないのが面白い所です。

しかし、furbo(ペテン、いんちき)という単語を使っていることから、イタリアでも「蛇の道は蛇」はあまり良い意味には使われないのではないか、と推測できます。

アメリカでは、刑務所を出所したコンピューター・ハッカーが、改心して(?)ハッキングやコンピューターウイルス対策のコンサルティング会社を創業する例が、結構多いそうです。

そうした例はまさに「蛇の道は蛇」の典型例と言えます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。