イタリア語では「蛇の道は蛇」に蛇が出て来ない!

日本のことわざに

「蛇の道は蛇」

という言葉があるのをご存知の方は多いでしょう。

「同類の人間の行動や考えについては、同じ仲間ならば簡単に予測、理解できる。」、

「ある分野の専門家は、その分野を熟知している。」

という意味です。

 

スポンサードリンク

 

『蛇』がマイナスのイメージを・・・。

言い換えれば、

「その道のことはその道の専門家に尋ねよ。」

です。

日本ではもちろん欧米でも、

若干悪い事柄について使われる

イメージがあります。

類語の「餅は餅屋」にはマイナスのイメージがないのと、大きく異なっています。

日本語では、

「蛇」という、どちらかと言えば嫌われる動物

を用いています。

 

英語では、もっと大きい動物が登場!

英語でも

The wolf knows what the ill beast thinks.」

は悪い獣の考えを知っている(分かっている)。)

という言葉があり、「蛇の道は蛇」と同じ意味ですが、動物は「狼」が用いられています。

あるいは「Set a fox to catch a fox.」(を捕まえるには狐を使え。)

と、「狐」を用いる場合もあります。

 

スポンサードリンク

 

イタリア語では、どの動物も登場しない!

しかし、イタリア語で「蛇の道は蛇」を表すことわざには、

「蛇」も「狼」も「狐」も出て来ません。

原文は次の通りです。

Per conoscere un furbo, ci vogliono un furbo e mezzo.

(一つのペテンを見破るには、その1.5倍のペテンが必要だ(=1.5倍の知恵が要る)。)

cf.  conoscere「知る、分かる」  furbo「ペテン、いんちき」  mezzo「半分」

ci vogliono~ 「~がかかる、必要である」

ベタに日本語訳すると、

「一つのペテンを知るには、一つのペテンともう半分のペテンが要る。」

となります。

動物が全く出て来ないのが面白い所です。

 

最後に・・・。

しかし、furbo(ペテン、いんちき)という単語を使っていることから、イタリアでも「蛇の道は蛇」はあまり良い意味には使われないのではないか、と推測できます。

アメリカでは、刑務所を出所したコンピューター・ハッカーが、改心して(?)ハッキングやコンピューターウイルス対策のコンサルティング会社を創業する例が、結構多いそうです。

そうした例はまさに「蛇の道は蛇」の典型例と言えます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

興味がございましたら、こちらもお読みください。

関連記事

「急がば回れ」という言葉は、日常生活でも時折使われます。岩波書店「広辞苑」の解説では「危険な近道よりも、安全な本道をまわった方が結局早く目的地につく意。成果を急ぐなら、一見迂遠でも着実な方法をとった方がよい。」[…]

女性のハイヒールのアップ
関連記事

日本のことわざに「窮鼠猫を噛む」というものがあるのは有名です。たとえ力の劣った弱い立場の者でも、追い詰められて窮地に立つと、強者に対して反撃してくることがあるという意味です。漢字で書くとかなり難しく、「きゅう[…]

頭を抱える女性