生中継で串カツのソースを二度漬けした女性アナ!

大阪は昔から

「食い倒れの街」

の異名を取る、日本有数のグルメ都市です。

その中でも、売りの一つが

「串カツ」

です。

 

スポンサードリンク

 

飲食店街『新世界』は、串カツ激戦区!

大阪市のシンボル「通天閣」の近くに、

「新世界」

と呼ばれる飲食店街があります。

ここは

「串カツ激戦区」

と呼ばれるほど、串カツ店が多いです。

数十年の歴史を持つ名店も多く、全国的に有名な老舗の

「串カツだるま」

も、新世界が発祥の地です。

 

串カツを食べる際の、唯一の『掟』とは?

串カツは、庶民が肩肘張らずに食べられる

「B級グルメ」

です。

しかし、串カツを食べる際のほぼ唯一のマナー、あるいは

「掟」

があります。

それが

「ソースの二度漬け禁止」

です。

最初に串カツを、ブリキ缶に入ったソースに浸してから食べます。

ソースのブリキ缶は、他のお客さんと共用です。

一口では食べられないことも多いのですが、その時にソースが足りないと思っても、もう一度食べかけの串をソースの缶に漬けることは許されません。

自分の口に一度入れているからです。

最近では、少しずつこの掟が緩くなっていると、一部のネット情報では囁かれています。

しかし実際にお店でやると、お店の方あるいは他のお客さんから、ほぼ確実に怒られます。

 

スポンサードリンク

 

ソースが足りない時の裏ワザとは?

二口目にソースが足りない場合、どうすればいいのでしょうか?

関西ではかなり有名な、裏ワザがあります。

串カツ店の多くでは、

「キャベツ食べ放題」

のサービスがあります。

カウンターにキャベツを盛った大皿があり、好きなだけ食べられます。

キャベツの葉の、少し湾曲したものを一枚取り、そこにソースを入れておくのです。

そうすれば、何度でもソースを漬けられます。

 

夕方のテレビ番組、串カツ店から生中継で・・・。

今から5年近く前、確か7月半ばだったと思います。

大阪の某テレビ局で、夕方の情報・ニュース番組を月〜金曜日の帯で放送していました。

グルメネタはよく放送され、時には生中継で、関西圏で話題の飲食店を紹介します。

若手の女性アナが、出来たての料理を食べて

「食レポ」

をするのは、全国のテレビ局での定番と言えます。

その日、大阪のある串カツ店を訪れたのは、当時入社2年目の女性アナ、Sさん。

超名門大学を卒業し、在学中は「ミス○○大」に輝いた人です。

 

スポンサードリンク

 

生中継で、『串カツの掟』を破った!

中継が始まり、テーブルに串カツ数品が運ばれて来ました。

店長らしき男性や、スタジオとのやり取りをしながら、Sアナは串カツを食べ、感想を語っていました。

何本目かを食べましたが、一口では食べ切れませんでした。

店の人と話しながら、再度食べかけの串カツを手に取ったSアナは、何気ない感じで

串をそばのソース缶に浸しました・・・。

 

スタジオは静まり返った!冷静なメインMCも・・・。

画面がスタジオに切り替わると、出演者たちは一瞬静まり返っていました。

当然でしょう。

「串カツのソース二度漬け禁止」

という御法度を破った瞬間が、生放送で関西中に流れたのですから・・・。

メインMCである局アナのUさんは、キャリアも十分で、普段は冷静な方です。

しかしその時は、慌てふためいた様子で

「申し訳ございません!あのソース缶は、○○○(局名)が責任を持って処分いたします!」

と、必死に謝っていました。

 

最後に・・・。

しかし、当のSアナは特に悪びれた様子もなく、最後まで普通にレポートをやり切りました。

Sアナは、

「不思議ちゃんキャラ」

として、現在も元気に色々な番組に出演中です・・・。

今まで串カツをお店で食べたことがないという皆様は、

「ソースの二度漬け禁止」

だけは是非守っていただきたいと思います・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。