シャッター通り「ゴースト商店街」の担保物件!

21世紀に入ってから使われ始めた言葉に、

「シャッター通り」

があります。

昔は多くの買い物客で賑わっていた商店街が、近隣に新しくできたショッピングモールに客を奪われる・・・。

店舗が一軒また一軒と、廃業・倒産・・・。

そして、アーケードの至る所がシャッターを下ろしたまま・・・。

そうした商店街は、「シャッター通り」と呼ばれています。

2022年(令和4年)現在は、日本各地で見られる、珍しくもない風景となってしまいました。

 

スポンサードリンク

 

商店街全体が『ゴースト商店街』化する!

商店街全体としてまだ活気があれば、閉店した跡地に新しい店舗が入る可能性は高いです。

賃貸であれ売買であれ、別の店に引き継がれます。

しかし商店街全体に活気がなく、客の流れが少ないと、まさしく店舗のシャッターが下りたままとなります。

そういう寂れた商店街の中には、半ばゴーストタウン化した所もあります。

「シャッター通り」よりも、

「ゴースト商店街」

と形容した方がより正確と言えます。

 

店舗不動産の売却が困難に・・・。

商店街の店舗も、当然ながら不動産です。

商売の継続には資金が要ります。

店舗の経営者かつ所有者が、店の土地や建物を担保に金融機関から融資を受けるのは、ごく普通のことです。

そして、もし返済不能となれば、担保不動産を売却して返済に充てることになります。

ところが、商店街全体の状況によっては、売却することが大変難しくなるのです。

 

スポンサードリンク

 

人の流れが少ない場所では、不動産は売れない!

商売をしようとする人なら誰しも、人通りが多く客で賑わっている場所に出店したいと思うはずです。

少なくとも、ある程度人の流れが見込める場所を選びます。

しかし、商店街の物件でも、衰退した(又はしている途中の)所は敬遠されがちです。

それは当然でしょう。

たとえ売買価格や賃料が格安でも、お客に恵まれなければ意味がありません。

自分の店の周囲がほとんど閉鎖していては、初めから可能性が狭まっています。

そうした場所の不動産を担保に取った金融機関では、担当者が頭を悩ませます。

 

破産者の店舗を現地調査に・・・。

私が、有担保の債権回収に携わっていた頃のことです。

ある案件の担当となったのですが、債務者は既に破産申立済でした。

食品販売業者で、店舗兼住宅を担保に取っていました。

破産管財人弁護士が選任されたら、任意売却や不動産競売について話を進める予定でした。

その前に担保の現状を確認すべく、現地調査に赴くこととなりました。

ある夏の日の午後でした。

場所は大阪市某区。

地下鉄の駅から10分ほど歩くと、担保物件がある商店街のアーケードの前に着きました。

 

スポンサードリンク

 

アーケード内の様子にビックリ!

その瞬間、私は思わず心の中で

「えっ!?」

と叫んでしまいました。

アーケードの内部が、異様に暗いのです。

普通の商店街なら、天井付近に照明を点けています。

各店舗も営業しているので、電気が点灯しています。

そのため、アーケード内部は明るくなっています。

しかし、そのアーケードでは、天井の照明も点いていません。

営業している店舗の明かりも、全く見えませんでした。

しばらく奥の方を眺めていて、眼が慣れてきました。

どうやら、ほとんどの店のシャッターが下りているようでした。

 

アーケードの途中で、目的の店舗が・・・。

「ひょっとして、幽霊でも出て来るんじゃ・・・。」

とおマヌケなことを考えましたが、意を決してアーケードの中に足を踏み入れました。

通路の両側とも、一軒目からシャッターが下りていました。

営業している店を見つけられないまま、しばらく歩きました。

アーケードの真ん中辺りで、目的の店舗が現れました。

もちろん、シャッターは下りています。

店名を書いていたであろう看板は外されており、その痕が剥き出しになっています。

案件の資料ファイルには、昔の写真がありました。

その写真は、当時は結構繁盛していたことを窺わせました。

目の前にある、半ば廃墟と化した建物と、写真で見た店舗が同じだとは、思い難い感じでした・・・。

アーケードの入口からかなり奥だったので、かなり暗かったのですが、何とかデジカメで写真を数枚撮りました。

周囲には誰もいませんでしたので、遠慮することなく自由に撮影できました。

 

スポンサードリンク

 

アーケード内は、ゴーストタウン化・・・。

どうやら商店街は、L字形かコの字形になっているようでした。

写真を撮った後も、アーケードを先に進んでみました。

しばらく行くと、左側に曲がり角がありました。

そしてその先も、商店が両側に並んでいます。

その中に一軒、ようやく明かりが点いている店舗がありました。

酒屋さんのようでしたが、店頭には人の姿が見当たりませんでした。

そして、少し行くとまた突き当たりになり、左側へ曲がると直線の通路がありました。

両側の店舗は、軒並みシャッターが下りています。

ここのアーケードは、コの字型になっていることが分かりました。

ようやくアーケードから出ると、太陽の光がやけに眩しく感じました。

結局、数十軒ほどの店舗のうち、開いていたのは前述の酒屋さん一軒のみでした(それも、営業実態は不明)・・・。

完全にゴーストタウン化していました。

 

最後に・・・。

後日、件の債務者の破産管財人弁護士が決まりました。

早速連絡を取り、とりあえず競売申立を行う旨で合意しました。

弁護士の方でも競売入札までの間に、不動産業者を通じて購入希望者を探すとのことでした。

その後、案件の担当が他の人に替わり、私の手を離れました。

あの物件がどうなったのかは分かりません。

簡易査定の金額が、400〜500万円ほどだったはずです。

しかしその値段でも、あの場所だったら売れないのでは・・・と、現地に行ってみて感じました。

あのゴースト商店街自体、今はどうなっているのでしょうか・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。