ことわざ「窮鼠猫を噛む」:イタリア語では違う生き物が!

日本のことわざに

「窮鼠猫を噛む」

というものがあるのは有名です。

たとえ力の劣った弱い立場の者でも、追い詰められて窮地に立つと、強者に対して反撃してくることがあるという意味です。

漢字で書くとかなり難しく、「きゅうそ ねこを かむ」が読めない人もいるかもしれません。

「キュウソネコカミ」というバンドが、バンド名をカタカナにしたのもうなづけます。

 

スポンサードリンク

 

英語では、片方しか登場しない!

この「窮鼠猫を噛む」と同様のことわざは、外国にも存在します。

英語圏の国では

“A cornered rat is dangerous.”

と表現されます。日本語に直訳すると

「追い詰められた鼠(ねずみ)は危険である。」

となります。

cornered は corner (追い詰める、追い込む)の過去分詞で、「追い詰められた(追い込まれた)」と訳せます。

rat[rˈæt]は「ねずみ」です。

意味的にはまさしく「窮鼠猫を噛む」です。

英語では鼠のみが登場し、猫が出て来ない点が日本語と異なります。

 

スポンサードリンク

 

イタリア語では、全く別の動物が登場する!

イタリア語にも、「窮鼠猫を噛む」と同じ意味のことわざがあります。

しかし、日本語とは大きく異なっています。

どういうことかと言うと、鼠も猫も登場しないのです。

イタリア語では

“Cane affamato non teme bastone.”

となります。直訳すれば

「飢えた犬は棒を怖がらない。」

となります。

cf. cane(犬) affamato(飢えた、空腹の) teme → temere(怖がる、恐れる)

bastone(棒)

そう、犬が主人公なのです。

腹を空かせた野犬がどこかのニワトリ小屋を見つけると、何とか忍び込んでニワトリを食べようとします。

それを人間が見つけ、棒を振りかざして犬を追い払おうとします。

普段なら恐れをなして逃げるはずの野犬も、空腹を満たそうと必死です。

人間に向かって吠えたて、反対に人間を追い払ってでもニワトリを食べようとします。

もはや、棒で叩かれることへの恐怖心は消え失せています。

そうした場面を思い浮かべれば、この表現にも納得できます。

 

最後に・・・。

動物に対する印象は、国によって色々変わります。

以前に当ブログでご紹介した

「蛇の道は蛇」

でも、国や言語によって出て来る動物が異なっています。

 

関連記事

日本のことわざに「蛇の道は蛇」という言葉があるのをご存知の方は多いでしょう。「同類の人間の行動や考えについては、同じ仲間ならば簡単に予測、理解できる。」、「ある分野の専門家は、その分野を熟知している。」という意味です[…]

並んで座る二頭の狼

 

そうした事例に、言語の「多様性」が表れていると思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク