夜に白米を少し減らせば、簡単・確実にダイエットできる!

男女問わず多くの方々にとって、

「ダイエット」

は早急に取り組むべき課題です。

そして同時に、後回しにしてしまう課題でもあります。

 

スポンサードリンク

 

『運動』か『食べる物』が定番!

ダイエットは大まかに分けると、

(1)運動によるもの

(2)食事によるもの

に分類されます。

(1)については、マラソンやウォーキング、スポーツジム通いなどが挙げられます。

(2)については、いわゆる「食餌療法」です。

「これを食べなさい。」

「これを食べてはいけません。」

といった指示に基づくものです。

どの方法にも一長一短があり、個人による向き不向きもあります。

「100%痩せられる!」

といった方法は、残念ながら存在しません。

 

我流の方法で、10kg痩せた!

私自身、過去にベスト体重より10kgほど増え、ダイエットして痩せた経験があります。

と言っても、運動をしたり栄養学を学ぶなどして、系統立てたダイエットをしたわけではありません。

当時は一人暮らしでしたが、よく食べていたコンビニ弁当を止め、毎朝にんじんジュースを飲み続けました。

その結果、3ヶ月ほどで体重が5kgほど減り、最終的には

1年で約10kg

減量しました。

 

スポンサードリンク

 

1年ほど前から、白米を少し減らしてみた!

それから10年以上経った約2年ほど前、またベスト体重より7〜8kg増量していました。

食事の量やバランスを多少工夫しましたが、しばらくの間はなかなか体重が減りませんでした。

そんな時期が続いた、およそ1年前のある日。

嫁の勧めで、夕食の際のご飯すなわち

白米

を、2割ほど減らすことに決めました。

 

山盛りご飯から卒業!慣れてくると・・・。

それまでの私は、夜はいつもご飯を、お茶碗に山盛りよそってもらっていました。

お米は毎日1.5合(2人分)炊いていました。

おかずを含めた全体量としては、それほど大食いではありませんでした。

しかし、ご飯の量は確かに多かった気がします。

始めたばかりの頃は、ちょっと物足りない気持ちでした。

「もうちょっとご飯食べたいな・・・。」

と思ったりしました。

ところが、それに慣れてくると、不足感が消えました。

寝るまでの間にも、空腹感を覚えることがなくなったのです。

 

スポンサードリンク

 

5〜6kg減量!リバウンドもなし!

そして、効果もはっきり現れ出しました。

徐々にではありましたが、確実に体重が減り始め、半年くらいで

5〜6kg

減量できました。

現在も、リバウンドなく現状維持できています。

 

完全な『白米絶ち』は不要!

よく雑誌やネットなどで

「白米絶ち」

が唱えられています。

しかし、大幅に減らす必要はありません。

白米を全く食べないといった極端な方法を採ると、痩せて健康になるどころか、健康を害しかねません。

朝や昼に白米を食べているという方も、それらを減らす必要はありません。

夜の白米を、2割くらい減らすだけで十分です。

急には痩せませんが、確実に効果が期待できます。

 

最後に・・・。

「日本人なら米を食え!」

と、昔どこかの演歌歌手が歌っていました。

日本で生活する人にとって、白米は貴重な

主食

です。

完全に食べなくなると、体調的にも精神的にも調子が悪くなると思います。

誰でも簡単にできる、非常にハードルの低い方法です。

ダイエットにお悩みの方には、一度お試しいただきたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。