「as safe as Fort Knox」ってどういう意味?試験に出ない英語手帳(第61回)

「as safe as Fort Knox」

と言われても、何のことかすぐ分かる人はごく少数でしょう。

「as safe as ~」

については、「~と同じくらい安全な」と日本語訳できる人がほとんどでしょう。

しかし、多くの人が

「『Fort Knox』とは、何のことなのか?」

と思うはずです。

「FとKが大文字になっているので、どこかの地名か場所のことか?」

と推測なさった方は、鋭い勘の持ち主です。

 

スポンサードリンク

 

確かに安全な場所ですが・・・。

「Fort Knox」(フォート・ノックス)

とは、アメリカ陸軍の基地の名称です。

アメリカ中東部のケンタッキー州(Commonwealth of Kentucky)ルイスヴィル市(Louisville)にあります。

確かにアメリカ軍の基地なら、防犯面ではとてつもなく安全でしょう。

「米軍基地と同じくらい安全ですよ。」

と言われれば、納得してしまいます。

しかし、なぜ他の基地ではなく「Fort Knox」が用いられるのでしょうか?

理由は、この基地にはアメリカにとって非常に大切な物が保管されているからです。

 

厳重な警備を誇るが、映画では悪人の標的にも・・・。

ブリタニカ国際大百科辞典の解説によると、1936年(昭和11年)にここに

「アメリカ合衆国金銀塊保管所」

が設置されました。

と言っても、地上ではなく地下深くに建造されており、厳重な警備で有名です。

そのため、

「as safe as Fort Knox」

「極めて安全な」

という意味で用いられます。

アメリカの保有する金塊が保管されている場所としては、Fort Knoxとニューヨーク州ウェストポイントの金塊保管庫、ニューヨーク連銀の地下保管庫が有名です。

その中でも最も有名なのがFort Knoxです。

イギリスのスパイで、コードネーム007こと

ジェームズ・ボンド

が活躍する映画「007シリーズ」の

「ゴールドフィンガー」

では、Fort Knoxが悪の組織に狙われるという設定です。

 

スポンサードリンク

 

最後に・・・。

なお、田中貴金属がWebサイトで公表している金1グラム当たりの税込買取価格を見ると、2021年5月28日時点で7,299円です。

手元にもし1キログラムの金塊があれば、現金化すると7,299,000円になります。

「金塊が10キロくらい手に入れば、残りの人生を毎日ブラブラしながら暮らせるのにな・・・。」

とボンクラな事を考えている私にとって、Fort Knoxは憧れの場所であると同時に、決して近付くことのできない場所でもあります・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク