実家の不要品を断捨離するだけで、数千円が手に入るかも?

その他(夫)

このブログでは、嫁が不要品の買取をテーマに、いくつか記事を書いています。

昔と違い、今ではインターネット上で無数の業者が、CD・DVD、古本、中古家電などあらゆる品物の査定・買取を宣伝しています。

また、ヤフオクに代表されるネットオークション、メルカリなどのフリマアプリで、我々一般の個人も家にある不要品を売買できます。

もちろん、よほどの「お宝」でなければ高値で売れることはありませんが、捨てるよりははるかに有益です。

品数が多ければ、ある程度のまとまった金額が手に入ることもあります。

整理整頓できている人も、実家の片付けをすると掘り出し物が見つかるかも?

買取を依頼するパターンの大部分は、現在使っている物や長年集めてきたコレクションを、様々な事情で、あるいは「断捨離」のため手放すというものです。

日頃から家の中を整理整頓している方、無駄な物を極力買わない方は、

「家に売りたい物なんて残ってないよ。」

とおっしゃるかもしれません。

しかし、例えば実家のタンスや押し入れ、庭の物置などを、一度機会があれば片付けて整理してみてください。

思わぬ掘り出し物が見つかり、高価で買取してもらえるかもしれません。

私にもそうした経験があります。

実家の本棚の奥を何気なく覗いてみたところ・・・。

3年ほど前のことです。

夫婦で私の実家を訪れた際、昔自分が使っていた部屋でのんびりしていました。

部屋の隅には結構大きな本棚があり、そこには自分の本やDVDなどの私物を残していました。

棚の下の部分は観音開きになっており、そこには私や弟が小学生くらいの頃に使っていた、遊具やアルバムなどが長年入れられていました。

中身は何となく分かっていましたが、特に取り出すこともなく、捨てる理由もなかったので、そのままになっていました。

私は何の気なしに扉を開け、中を覗いてみました。

ほとんどの物は予め分かっていた物でしたが、端っこの奥の方に雑誌らしきものが数冊並んでいました。

何の本か記憶になかったので、外に引っ張り出してみました。

出て来たのは、昔のアニメのムック本だった!

出て来たのは、私が小~中学生の頃に買ったアニメのムック本でした。

「機動戦士ガンダム」、「伝説巨神イデオン」、「戦闘メカザブングル」のテレビ版や映画版の特集として出版された本でした。

「あー、そう言えばこんな本読んでたなあ。」

とやっと思い出したほどで、長年その存在すら忘れてしまっていました。

それらの本を持って帰り、後日「まんだらけ」で売ったところ、7~8冊で5,000円くらいで買い取ってもらえました。

最後に・・・。

皆様も、一度実家の「ガサ入れ」を行ってみてはいかがでしょうか。

片付けのお手伝いという親孝行にもなり、数千円くらい(運が良ければ万円単位?)の掘り出し物も見つけられるかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

その他(夫)
ブログの更新情報を随時配信しています!
在宅ワーカーとその夫のあれこれブログ