日清「ビーフヌードル」ってありましたよね?

日清の

「カップヌードル」

を一度も食べたことがないという方は、ほぼ皆無に近いでしょう。

1971年(昭和46年)の発売開始以来、50年になろうとするロングセラーのカップ麺です。

種類も、この50年の間に数え切れないほどの新しい味が登場しました。

 

スポンサードリンク

 

長期にわたり売れる商品は、限りなく少ない!

ただ残念ながらほとんどの味は、いつの間にか店頭から消えていく運命にあります。

スーパーやコンビニでも、まず間違いなく置いてあるのは

「カップヌードル」

「カレーヌードル」

「シーフードヌードル」

の三種類しかありません。

コンビニだと

「チリトマト」

「味噌」

もよく見かけますが、スーパーでは両方とも置いていない店が多いです。

競争の激しいカップ麺業界では、たとえ大手メーカーが大々的に売り込んでも、

「長期間安定的に売れる」

ヒット商品に育てるのは非常に難しいはずです。

 

ネットで、過去に売られていた商品を見てみると・・・。

インターネットで、「カップヌードル」ブランドで過去に発売された味を調べてみると、中には

「これ、昔食べたことある!」

と懐かしく思い出す商品もあれば、

「こんな味、売ってたっけ?」

と首をかしげる商品もかなり存在します。

その中で私が

「この味、結構好きだったのに、いつの間にか消えちゃったな・・・。」

と思ったのが

「ビーフヌードル」

です。

 

スポンサードリンク

 

ビーフステーキを意識した?予想より美味しかった!

「ビーフヌードル」は、1987年(昭和62年)発売の商品です。

カップヌードルと言えば、「謎肉」と呼ばれるサイコロ形の肉が有名ですが、ビーフヌードルには牛肉(っぽい)肉がサイコロ形で入っていました。

またグリーンアスパラ、サイコロ形の人参なども入っていました。

ビーフステーキを意識した感じです。

ネット記事では、フライドポテトも入っていたと書かれていましたが、私にはフライドポテトの記憶が全くありません・・・。

[ビーフ]ヌードルと名付けられただけあり、スープの味はビーフコンソメで作ったスープのような味でした。

所詮はカップラーメンだからと、高いレベルの味は元々期待していませんでした。

しかし食べてみると、予想よりも美味しく感じました。

そもそものハードルが低かった分、よけいに美味しく思えたのかもしれません。

 

お気に入りだったが、いつの間にか店頭から消えていた・・・。

数回ほど食べて、ビーフヌードルはすっかり私の「お気に入り」になりました。

しかし、ビーフヌードルはいつの間にか、店頭から姿を消してしまいました。

飲み物の記事でも度々書きましたが、私が好きになった商品はかなりの高確率で

「消えていく」

運命にあるのです・・・。

 

最後に・・・。

前述の「チリトマト」も、最初に発売された頃から好きでしたが、一時期は販売されていませんでした。

復活した際は、大いに喜んだものです。

「ビーフヌードル」も、同様に復刻して欲しいと切に願います。

21世紀、令和の若者たちにも受け入れられる味だと思うのですが・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク